アニメ『A3!』茅ヶ崎至の“あのシーン”が凄かった…!再現以上の出来に歓喜と驚きの声

掲載/更新 0
アニメ『A3!』茅ヶ崎至の“あのシーン”が凄かった…!再現以上の出来に歓喜と驚きの声
大人気のイケメン役者育成ゲームをアニメ化した冬アニメ『A3!』(TOKYO MX他)が絶賛放送中! 第2話も茅ヶ崎至のキャラクターの描写が話題になり一時は劇中のセリフがトレンド入りする事態に。その理由は?
イケメン役者育成ゲームが原作のアニメ『A3!』第2話に“爽やか王子様系エリートリーマン”茅ヶ崎至(CV:浅沼晋太郎さん)が登場。原作ファンならニヤリとしてしまう描写に、SNSなどでは歓喜の声が上がっていました。

茅ヶ崎至の登場!王子系が一変…⁉

アニメ『A3!』の第2話で描かれたのは、「春組」結成までのエピソード。

主人公が総監督を務める劇団で公演をするには最低5人を集めなければなりません。現状3人しか所属していないため、残りの団員確保に奔走します。そんな中で主人公たちに力を貸したのが、茅ヶ崎至と留学生のシトロン(CV:五十嵐 雅)

特に茅ヶ崎は今回が初登場で、キャッチコピー通り“爽やか王子様系エリートリーマン”な印象でした。
ファーストコンタクトでは団員の一人・佐久間咲也(CV:酒井広大さん)が偶然茅ヶ崎にぶつかってしまうのですが、「お気になさらず」と優しく対応する圧倒的王子力。
SNS上でも「至さんが カッコイイ! 敬語だしやばい」「たるちのスーツ素敵すぎる…」などの声が溢れました。

ところが、第2話のラストで一変。ゲームの邪魔をしてしまった主人公に対して「勝手に入んじゃねぇよ」と吐き捨てるほどのゲーム廃人っぷりが露呈します。

「茅ヶ崎至ですけど何か?」がトレンド入り!

裏の顔を見て「どちら様ですか?」と困惑する主人公に対し「茅ヶ崎至ですけど何か?」と答える茅ヶ崎。

どうやら“普段はエリートだけどヤバいやつ”というギャップを見せてくれた今回、原作ファンの反応は
「そういえば初期の茅ヶ崎はこうだったなぁ」「久しぶりに情緒がヤバい茅ヶ崎が見れて良かった」とほっこりした人や「ゲーマーたるち降臨!!!!」「廃課金ゲーマーきたw ここのシーンめっちゃ好き」「茅ヶ崎至ですけどなにか、の顔が最高」など喜ぶ人であふれました。
また茅ヶ崎至の豹変シーンは作画も演出もかなり力が入っており、「インパクトがすごい!」と称賛する声や「いたるさん、アニメの方が100倍やばかった」「アニメになるとこんな怖いの…好きだけど…」と驚きの声も。

Twitter上では「#茅ヶ崎至ですけど何か」というハッシュタグが生まれるほど話題になっていました。
アニメ『A3!』は茅ヶ崎登場で注目を集めた第2話だけでなく、作品全体で見ても好評の様子。
例えば同作には女主人公・立花いづみに対しても「いづみちゃんが本当に可愛く描けてる!」「久々に好感度が高い女主人公!」といった声が寄せられています。

多くの支持を獲得している『A3!』。まだまだ物語は始まったばかりなので、この先の展開にも期待せざるを得ません。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません