アニメ『モノノ怪』の不親切さに夢中だった。令和の時代によみがえる意義とは

掲載/更新 0
アニメ『モノノ怪』の不親切さに夢中だった。令和の時代によみがえる意義とは
十五周年にちなみ、劇場アニメや舞台化の発表で盛り上がるアニメ『モノノ怪』。独創的な映像から熱烈なファンも多い本作、わかりくい点も多々ありながらなぜここまで支持されているのでしょうか?
2007年にノイタミナ(フジテレビ系)にて放送された和風怪奇譚アニメーション作品『モノノ怪』。
オリジナルアニメ『怪~ayakashi~』の一エピソード『化猫』を前身作とする本アニメは、謎多き男・通称「薬売り」が様々な怪異と対峙するオムニバス形式の作品となっています。

スタイリッシュかつ前衛的なアニメ表現、かつ和風ホラーテイストに絶妙にマッチした妖しくも華やかな映像美で、放映当時から大きな反響を呼んだ本作。他のアニメとは一線を画したその存在感で、放送終了後も長年に渡り多くのファンに支持され続けてきたことでも知られていますね。

『モノノ怪』15周年ビジュアル

『モノノ怪』15周年ビジュアル

今年2022年、そんな『モノノ怪』は15周年のアニバーサリーイヤーを迎えました。それを祝して始動した周年企画では、2023年の映画化と舞台制作決定という2大ニュースも明らかに。長年新作を待ちわびていたファンは、この一報に大いに歓喜したことでしょう。
放送開始から15周年を迎えた今なお、非常に熱狂的な支持を得る『モノノ怪』。なによりその新たな物語が、今この令和の時代に紡がれること自体が、大きな意義のあることのようにも感じます。

劇場版『モノノ怪』ティザービジュアル

劇場版『モノノ怪』ティザービジュアル


なぜならばこの『モノノ怪』という作品は、間違いなくいい意味で「現代では制作されないアニメ」だから。
時代が違えば生まれてくることすらなかった、今の令和の時代では本来絶対に見ることのできないアニメのようにも思えるからなのです。

現代のエンタメは「わかりやすい」ものが好まれる

近年アニメに限らず、大勢を楽しませる映画、マンガ、ドラマなどのエンタメ作品には共通して「ある傾向」が見られる、ということが度々話題となっています。その傾向とは「わかりやすさ」が求められる点。
具体的に言えば短時間の視聴や鑑賞でも内容が端的に理解できるよう、「セリフですべてを説明する作品」が増えていると言われています。(※)

※参考:映画やドラマを観て「わかんなかった」という感想が増えた理由(現代ビジネス 2021年6月3日掲載)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83647

『映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~』(光文社)

『映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~』(光文社)

なかでも特に例としてよく挙がるのが『鬼滅の刃』。本作は主人公・炭治郎のセリフやモノローグで、非常に丁寧な状況説明が行われる点が度々特徴として指摘されるマンガです。
それがある種ここまでの社会的ヒットの一因でもあるので、決してその点が作品の短所というわけではありません。
ですが普段から様々な映画やアニメ、マンガ等のエンタメ作品に触れる人の中には「すべてを言葉で説明するのはあまりにも情緒がない」という意見の人もいる様子。
作品の言語化されない部分に解釈や見解の余地を残し、その部分を様々な考察で補う。それがエンタメ作品の、ひとつの楽しみ方であることは間違いないからです。

様々な謎が残ったまま…説明の少ない『モノノ怪』は不親切な作品

37 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません