スパダリじゃん…!『名探偵コナン』高木刑事にアツい視線。実は文句ナシのモテ男だった

掲載/更新 0
スパダリじゃん…!『名探偵コナン』高木刑事にアツい視線。実は文句ナシのモテ男だった
『名探偵コナン』における古参キャラの1人・高木渉刑事。おっちょこちょいな性格で大失態を犯してしまうこともありますが、ファンの間では“『コナン』界きってのスパダリ”として注目を集めているようです。
IMAGE
高木渉刑事といえば、『名探偵コナン』に登場する古参キャラの1人。4月15日に公開される劇場版第25弾『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』でも、“キーパーソン”として登場することがわかっています。

普段はおっちょこちょいな性格の高木刑事ですが、ネット上では「キャラの中でもだいぶ優良物件なのではないか」「スパダリなのでは?」という声が飛び交っていました。

実はスパダリ!?職業も内面も文句ナシのモテ男

そもそも高木刑事は警視庁刑事部捜査一課に所属しているため、公務員の中でもかなりエリートの部類に入ります。スタイルも抜群で174cmの工藤新一よりも高身長。また温和で優しい人柄なので、コナンたちからもよく頼られる存在です。
多少気弱な面もありますが、いざという時には男らしい一面も。例えば2022年2月12日に放送されたアニメ第R119話では、米花東署桜田泰造刑事が“無実の人”を雑な捜査で犯人扱いします。最終的にコナンの力を借りて真犯人を突き止めたものの、高木刑事は桜田刑事の言動に納得がいかなかった様子。
そのため桜田刑事が立ち去ろうとした際には、「犯人だと疑ったことを(相手に)謝ってください」「警察官は先入観を持っては絶対にいけないんですよ」などと注意していました。

小説『名探偵コナン 警察セレクション 命がけの刑事たち』(小学館)

小説『名探偵コナン 警察セレクション 命がけの刑事たち』(小学館)

正義感溢れる高木刑事の発言に対して、視聴者からは「めちゃめちゃカッコいい!」「優しくてエリート公務員で、芯もしっかり持ってる…… スパダリにふさわしい逸材だね」といった声が続出。
また佐藤刑事に一途な部分も魅力ポイントとしてあがっているため、高木刑事はモテ要素満載のキャラと言えるのではないでしょうか。

■伏線があった?劇場版『名探偵コナン』最新作の内容予想に沸く「安室に首輪とは…」「会場爆破?」
https://numan.tokyo/anime/PsC3P
■『名探偵コナン』警察学校編、降谷と松田の信頼感が尊かった…!「心を撃たれた」「声だけで尊死」
https://numan.tokyo/anime/tw7QS

劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』予告2【2022年4月15日公開】

劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』作品情報

原作:青山剛昌『名探偵コナン』(小学館『週刊少年サンデー』連載中)

【スタッフ】
監督:満仲 勧
脚本:大倉崇裕
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
制作:小学館/読売テレビ/日本テレビ/ShoPro/東宝/トムス・エンタテインメント
配給:東宝

【キャスト】
江戸川コナン:高山みなみ
毛利蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:小山力也
安室 透:古谷 徹 ほか
(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

公式サイト:https://www.conan-movie.jp/index.html

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません