下野紘、アニメ『ワンピース』モモの助役に「解釈一致」の声。“あのセリフ”に期待が高まる

掲載/更新 0
下野紘、アニメ『ワンピース』モモの助役に「解釈一致」の声。“あのセリフ”に期待が高まる
1月25日(日)に放送されたアニメ『ワンピース』第1047話にて、下野紘さん演じる光月モモの助が登場しほうぼうのファンから反響を集めています。下野さんご本人もコメントを寄せました。
IMAGE
尾田栄一郎氏原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。1月25日(日)に第1047話「夜明けへと昇れ!桃色の龍猛る」が放送されました。

この放送で、大人になったモモの助役として下野紘さんが“アニワン”初出演を果たし、作品ファンや声優ファンから反響を呼んでいるようです。

DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編』piece.34 画像

DVD『ONE PIECE ワンピース 20THシーズン ワノ国編』piece.34 より

下野紘、満を持してONE PIECE声優に

現在、ワノ国編も大詰めの鬼ヶ島での戦いが描かれているアニメ『ONE PIECE』。
今回放送された1047話では、ワノ国の偉大な侍だった父・光月おでんの悲願を達成するべく20年の時を超えて現代へやってきた8歳の光月モモの助の、大人に成長した姿がお披露目されました。

子供のモモの助を演じる折笠愛さんに代わり、大人になったモモの助役に抜擢されたのは『鬼滅の刃我妻善逸役、『進撃の巨人コニー・スプリンガー役、『僕のヒーローアカデミア荼毘役など数々のアニメで活躍する人気声優、下野紘さん。

そんな下野さんが満を持して『ONE PIECE』声優に仲間入りということで、ネットでも反響を呼びました。
下野さんはモモの助を演じるにあたり、作品の公式サイトで「原作は『ROMANCE DAWN』から読んでいました」「何度見直しても、ワクワクしたり、泣いちゃうシーンがあるぐらい『ONE PIECE』が大好きです!」と、往年の『ONE PIECE』ファンであることをコメント。また、下野さんご自身のTwitterでも「昔から好きだった作品に出られて…感無量ですっ」と出演への喜びや意気込みを語りました。
下野さん演じる大人のモモの助は、精悍な雰囲気をたたえつつもどこか頼りなく青い印象も併せ持っており、原作で描かれた“中身は子どものまま、突然大人になったモモの助”の戸惑いもしっかり表現しているように感じられます。

ネットでは「解釈一致すぎて鳥肌たった」「めちゃくちゃイケボ」「声ぴったり!」「モモは善逸っぽいところあるなと思ってたから合ってるな〜」「下野さんが演じるなんて全然予想もしてなかったけど、安心感すごい」など、納得の声が続々。今回の放送で声を発したのはふた言程度でしたが、短いセリフで早くも視聴者の心を掴んでいます。
⇒次ページ:下野ボイスのモモの助、あのセリフに期待!
12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません