『エヴァンゲリオン』で秀逸なサブタイトルといえば?第3位は「せめて、人間らしく」第1位はやっぱり…

『エヴァンゲリオン』で秀逸なサブタイトルといえば?第3位は「せめて、人間らしく」第1位はやっぱり…
gooランキングから「一番秀逸な『新世紀エヴァンゲリオン』のサブタイトル」というランキングが発表されました! 第壱話「使徒、襲来」、最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」など印象的なサブタイトルが出そろっています。
gooランキングから「【使徒、襲来】一番秀逸な「新世紀エヴァンゲリオン」のサブタイトルは?」(2015年調査)というランキングが公開されました。

3日8日に公開された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、興行収入68億を突破した大ヒットシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』。テレビシリーズの特徴のひとつと言えば「サブタイトル」ですよね。

今回はランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪

DVD『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』画像

DVD『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

10位~7位

10位は第拾弐話「奇跡の価値は」。
9位は第弐話「見知らぬ、天井」でした。

8位は第参話「鳴らない、電話」。英タイトルは「A transfer=転校生」。
シンジがエヴァパイロットであることが明らかになりクラスが騒然としたり、第4の使徒が襲来したり…シンジの精神も環境も、怒涛の勢いで変化していきます。
numan読者からは「放送当時、そのままのタイトルがこんなに響くんだな……って感慨深くなったのを思い出しました」という声が寄せられました。
28 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは