祭り感がハンパない!『Paradox Live(パラドックスライブ・通称パラライ)』2ndリアルライブレポート

掲載/更新 1
祭り感がハンパない!『Paradox Live(パラドックスライブ・通称パラライ)』2ndリアルライブレポート
『Paradox Live』(パラドックスライブ 略称:パラライ)2回目のリアルライブとなる「Paradox Live Dope Show -2022.5.28 PACIFICO Yokohama National Convention Hall-」昼公演のレポートを、写真満載でお届けします!
5月28日(土)、パシフィコ横浜で開催された『Paradox Live』の2ndリアルライブ「Paradox Live Dope Show -2022.5.28 PACIFICO Yokohama National Convention Hall-」。昼公演にはBAE(ベイ)、The Cat's Whiskers(ザ・キャッツウィスカーズ)、cozmez(コズメズ)、悪漢奴等(あかんやつら)に加え、新たなステージバトル「Legend- Round」から参戦するVISTY(ヴィスティ)、AMPRULE(アンプルール)、1Nm8(インメイト)、獄Luck(ごくラック)合計8チームのキャストが登場。

武雷管(ぶらいかん)キャストが登壇した夜公演では、パラライが2023年に『Paradox Live THE ANIMATION』としてTVアニメ化されることが発表され、大興奮の1日に。
そんなパラライの2ndライブの様子を、昼公演を中心に写真満載でお届けします♪

トップバッターを飾る悪漢奴等のお祭り曲

開演を今か今かと待っていると、スクリーンに映し出された街に佇むキャラクターたちのムービー。

ライブのトップバッターを飾ったのは、悪漢奴等。畠中祐さんの「座ってんじゃねーぞ!」という煽りからスタートした、最新曲「TURN IT UP!!!!!! -悪漢SOUL FEVER-」では、メンバーがステージを縦横無尽に動き回り、近藤孝行さんが“ナンバーワン”の歌詞に合わせて人差し指を立てたりと、祭り感がハンパない! 続けざまに悪漢奴等始まりの曲「BAD BOYZ-悪漢奴等 Underground-」を披露。
続いて登場したThe Cat's Whiskersは、悪漢奴等とは真逆に優しく語り掛けるようなリリックで、最新曲「Ride Out」、「4REAL」を披露しお祭りからクールダウン。しっとりとしたオトナの魅力で見せてくれます。
パラライのリアルライブへは初参加となる花江夏樹さんも、「アテンション、アテンション、アテンション~!」とハイテンションなリュウくんらしさを常に出していて、会場は一気にTCWカラーのブルーへ。
青から一転、真っ赤なライティングのステージに現れたのはBAE。

アレンとよく似た赤いパーカーとデニムのジャケットを着た梶原岳人さんは、人数の少なさを感じさせないスタイリッシュな熱いステージで盛り上げます。最新曲「W△vin' FL△g」、そして息つく間もなく「AmBitious!!!」では、日本語&英語を織り交ぜた巧みなラップで魅了。96猫さんは、ステージ真ん中にシルエットが映し出される演出が歌声の艶っぽさに拍車をかけます。
余韻はそのまま、cozmezのターンへ。
各々が左右の袖から登場し、しっとりと歌い出した「Better Dayz」はステージバトル優勝曲とも言えるもの。ダウナー系ユニットのcozmezのなかでもとくに優しい歌い方の曲で、cozmezを応援していたヘッズならずとも涙ぐんでしまうリリックが特徴。

「なあ、珂波汰まだまだやれるよな?」
「当たり前だ那由汰、俺らふたりの力はこんなもんじゃねえよ」
ふたりでいれば最強だ!

という掛け合いの後に披露された「Where they at」では、前回のステージバトル王者の貫禄を見せつけるような一幕も。
ここで、前半に登場した4チームが呼びこまれMCパートに。
チームごとに自己紹介をしていると、TCWの竹内良太さんがしゃべるたびにキャストから「いい声!」という感想が上がり、林勇さんは竹内さんの渋声のまねをしつつ自己紹介。花江さんもロボのようなしゃべり方で自己紹介をするなど、オトナな楽曲とは違いかわいらしいTCWの面々ですが、寺島惇太さんがしっかりと軌道修正。

一方cozmezのあいさつでは、豊永利行さんの「どうも、前回の覇者です!」という自信満々の自己紹介を大慌てでフォローする小林裕介さん。リハーサルで悪漢奴等の「ナンバー1」という歌詞を「ナンバー3」と言っていたことが暴露され、豊永さんのいたすらをまたまたフォローに走る小林さんという構図に。
⇒次ページ
新チームには看守不在の狂犬たちが!?
60 件

この記事のタグ

Comment

2022-06-04

5時半に起きて道に迷ったのは志麻さんではなくて畠中祐さんです…((コソ