不穏な言葉…『ONE PIECE FILM RED』シャンクスの娘・ウタ、Ado楽曲の歌詞は伏線なのか?

掲載/更新 0
不穏な言葉…『ONE PIECE FILM RED』シャンクスの娘・ウタ、Ado楽曲の歌詞は伏線なのか?
8月6日(土)より公開の劇場版『ONE PIECE(ワンピース) FILM RED』今回はシャンクスの娘・ウタの登場、Adoさんと豪華アーティストがコラボした主題歌・劇中歌に多くの注目が集まっています。そんなウタが抱えている葛藤、彼女が歌う理由とは……予告映像やコラボ楽曲の意味深なワードから読み解いていきます。
IMAGE
2022年8月6日(土)より、『ONE PIECE』の劇場版最新作となる『ONE PIECE FILM RED』が公開されます。
今回の映画のポイントはなんといってもシャンクスの娘・歌姫ウタの存在

シャンクスの娘、そしてルフィと幼なじみだということに「夢女子設定……!?」とファンに衝撃が走ったのはもちろんですが、キュートなビジュアルや、有名アーティストとのコラボ楽曲を歌唱担当のAdoさんが圧倒的歌唱力で歌い上げるなど、ウタ自身の魅力にも早くも注目が集まっています。

CD『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』初回限定盤 画像

CD『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』初回限定盤 より

そんなウタですが、“たくさんのファンを魅了する歌姫”にはとどまらない一面がありそう。 
ウタが抱える秘密とは? 彼女が歌う理由とは? 映画の公開前に、予告映像やコラボ楽曲の意味深なセリフや歌詞を探っていきます。

“牢獄”をもたらす歌声とは…予告映像に頻出する意味深な言葉

まず着目したいのは、これまでに公開された3つの予告映像。
それぞれに「ん?」と引っかかるような言葉やセリフが登場するのです。
<超特報ティザームービーより>
・その歌声がもたらすのは、永遠の幸せか、無限の牢獄
『ONE PIECE FILM RED』超特報 Teaser Trailer/2022年8月6日(土)公開

<特報ティザートレーラーより>
・その“歌声”が──全世界を変える
・ルフィ(激高して)「娘がこんなことやってるのにシャンクスが黙ってるわけねェだろ!!!」
(直後ウタは涙を流している)
・シャンクス「なァ ウタ、この世界に平和や平等なんてものは存在しない」
<予告トレーラーより>
ウタ「あたしがみんなが幸せになる新時代を作ってあげる」
(直後、ウタは悲しい表情)
ウタ「あたしの歌があれば、みんなが平和で幸せになれる
『ONE PIECE FILM RED』予告 Trailer /8月6日(土)公開

牢獄、全世界を変える、娘が“こんなこと”やってるのに……。
可愛らしいウタの姿や楽しげなフェスの雰囲気とは裏腹に、なんだか不穏な言葉が並びます。

ルフィの怒り方を見ても、ただごとではない何かが起きているのは間違いありません。

逃げる、恨み…不穏な言葉が並ぶコラボ楽曲の歌詞

続いて、主題歌・劇中歌にも着目。ウタの歌唱パートを担当するAdoさんが歌う楽曲として、田中ヤスタカさんが手がける主題歌「新時代」をはじめ、Mrs. GREEN APPLEさんが手がける「私は最強」、Vaundyさんが手がける「逆光」など全7曲の劇中歌が順次公開されています。

これまでに公開された3曲の歌詞にも、ウタの身に起きていることを示唆するかのような意味深な歌詞が隠れているのです。
35 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません