『うらみちお兄さん』第12話、杉田智和と中村悠一の方言が良き…!裏道の過去には「ピュア」「泣きそう」

掲載/更新 0
『うらみちお兄さん』第12話、杉田智和と中村悠一の方言が良き…!裏道の過去には「ピュア」「泣きそう」
『うらみちお兄さん』第12話では、大学時代の裏道たちが登場。「まだ目が死んでない」など、現在との違いに注目が集まりました。兎原と熊谷は珍しく方言のセリフも披露? みんなの感想とともに振り返ってみましょう!
IMAGE
子ども向け教育番組に出演する大人たちの表と裏を描いた『うらみちお兄さん』が待望のアニメ化!
主人公の表田裏道を神谷浩史さんが演じるなど、豪華声優陣も注目を集めています。
第12話「不器用な笑顔」では、兎原や熊谷が大学時代の裏道との出会いを回想。
体操に打ち込んでいた真面目な裏道を見て、視聴者が驚いたポイントとは?

また、杉田智和さん演じる兎原と中村悠一さん演じる熊谷は出身地を感じさせる方言のセリフも披露し、声優ファンを喜ばせていました。みんなの感想とともに振り返ってみましょう!

裏道さんの目がきれい、だと…!?

「めちゃくちゃ心に染みた」、「グッと来ちゃった」などの感想が出るほど、これまでとは一味違う雰囲気だった第12話。
大学時代の裏道との出会いを兎原や熊谷の目線で振り返る、ファンにはたまらない内容でした。

視聴者からも「裏道、熊谷、兎原の出会いが尊すぎた」、「いきなり大学時代をぎゅぎゅっと摂取してしんどい……」との声が。大学の寮で同室となった経緯、第一印象の変化など、情報量がとにかく多い!
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません