賛否両論の最終話。それでも『シャーマンキング』は完結してくれた【90年代“少年マンガ”を振り返る】

賛否両論の最終話。それでも『シャーマンキング』は完結してくれた【90年代“少年マンガ”を振り返る】
数々の名作が世代を超えて受け継がれ、2018年には創刊50周年を迎えた『週刊少年ジャンプ』。既に完結した名作の中から、今回は2021年に再アニメ化され話題を集めている『シャーマンキング』の思い出を当時からのファンに聞きました。
IMAGE
武井宏之先生が週刊少年ジャンプで1998年~2004年まで連載し、2001年にアニメ化した『シャーマンキング』。霊と交流できるシャーマンの家系に生まれた少年・麻倉葉が‟シャーマンキング”を目指し戦う物語を描いた本作は、多数のスピンオフを刊行しながら今年4月、TVアニメ『SHAMAN KING』として20年ぶりに再アニメ化。

いま再びブームになっている本作について、少年ジャンプ連載時の人気を振り返ります。
※2018年より『SHAMAN KING』として少年マガジンエッジ(講談社)にて連載。

斬新さ×王道のバトル漫画感のバランスがハマる!

『シャーマンキング』の特徴と言えば、まず主人公の麻倉葉をはじめとする‟ゆるさ”でしょう。

「当時は『NARUTO』や『ONE PIECE』とか、少年ジャンプといえば熱い主人公が主流だったけど、その中で葉のゆるくマイペースなキャラクターが斬新だった」

「絵柄がごつくなくて、蓮とかハオとか、イケメンも多く女性人気がすごかったなと思う。正直、同人界隈もにぎわってましたね」

当時、どこか異色な‟ゆるさ”というジャンルを確立していた『シャーマンキング』。しかし、あそこまで人気があったのは、きちんと少年ジャンプにハマっていたことも理由のようです。
14 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは