犬夜叉に会いたい――かごめの愛情あふれる名言5選。恋愛観に共感するポイントは?

掲載/更新 0
犬夜叉に会いたい――かごめの愛情あふれる名言5選。恋愛観に共感するポイントは?
完結から10年以上経った今もなお多くのファンに愛される『犬夜叉』より、ヒロイン・かごめの名言5選をご紹介。犬夜叉への愛情が詰まったかごめの言葉には学ぶべきところや共感できるポイントも?
IMAGE
完結から10年以上経った今もなお愛される高橋留美子先生原作の『犬夜叉』。続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』の放送をきっかけに『犬夜叉』に再熱するファンも多いよう。

時代を越えた冒険物語はもちろん、キャラクターたちの人間関係や恋愛模様も『犬夜叉』を語る上で欠かせない見どころ。特に恋愛については学ぶ点や共感できる点もたくさんあり、名言も多く生まれています。そこで今回はヒロインのかごめにスポットを当て、印象的なセリフをご紹介します。

『犬夜叉』 56巻 (小学館) 画像

『犬夜叉』 56巻 (小学館)

【1】もう一度犬夜叉に会いたい

まずは18巻に登場するこのセリフから。

犬夜叉が桔梗を選んだのだと知ってしまったかごめは自分の中にある嫉妬に気づきます。思い悩むかごめですが、それでも「もう一度犬夜叉に会いたい」という一心で、その勇気を出して再び犬夜叉のもとへ。

嫉妬という感情に気づきつつも、桔梗も同じ気持ちだったんだと他人の心まで思いやることができるかごめには感心させられます。かごめが犬夜叉への想いに気づく名シーンでした。

【2】私になにができるかわからないけど——ずっとそばにいる

同じく第18巻のセリフ。

犬夜叉と桔梗の絆は断ち切れないことを受け入れ、それでもなお犬夜叉と一緒にいることを選んだかごめ。

桔梗のために楽しんではならない、一緒に死ななければならないと思っている犬夜叉に、かごめは「私は犬夜叉に生きてほしい」「楽しいことがあってもいい」と願います。とにかく犬夜叉の幸せを考えて出した答えが「私になにができるかわからないけど——ずっとそばにいる」。

『犬夜叉』 18巻 (小学館) 画像

『犬夜叉』 18巻 (小学館)

自分の好きな人が他の誰かを想っているのを許してそばにいるという決断は、大人でもなかなかできませんよね。

まだ15歳でありながら、犬夜叉を大きな愛で包み込むかごめの優しさや想いの強さがぎゅっと詰まったセリフには、感動した人も多いのではないでしょうか。

【3】人間だったら誰だって持っている気持ちよ

こちらは第29巻に登場するセリフ。

白童子によって心の闇を探られてしまったかごめは、犬夜叉と桔梗の仲への憎しみに取り込まれてしまいそうになります。しかし、かごめは「私が犬夜叉を恨んだり…桔梗に嫉妬したりすることは…人間だったら誰だって持っている気持ちよ」ときっぱり言い放ちます。さらに「私が犬夜叉を…大好きだってことよ!」と続けるのです。

自分の中にある醜い感情とも向き合い、想いの強さで敵をも圧倒するかごめの心の強さにグッと来ます。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません