第2位は『銀魂』のあの人!厳しそうな“上司キャラ”、第1位は…『SLAM DUNK』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』も

掲載/更新 0
第2位は『銀魂』のあの人!厳しそうな“上司キャラ”、第1位は…『SLAM DUNK』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』も
gooランキングから「【ジャンプ】一番厳しそうな上司・先輩キャラランキング」が発表されました。『銀魂』土方、『ONE PIECE』サカズキ、『黒子のバスケ』赤司などのキャラがランクイン。1位はネット上で「理想の上司」とも呼ばれるあのキャラでした!
IMAGE
創刊から50年以上にわたり、数々の人気作品を生み出してきた『週刊少年ジャンプ』
さまざまな作品で、個性的なキャラクターが多数活躍してきました。
そこで今回は、今までにジャンプに登場したキャラクターの中で、一番厳しそうな上司・先輩キャラについて、アンケート調査とランキング化がおこなわれました。

このランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪

10位~7位

10位は『HUNTER×HUNTER』王(メルエム)。
9位は『BLEACH』朽木白哉でした。

8位は『銀魂』沖田総悟。
真選組一番隊隊長で、可愛い顔をしつつ、内面は「腹黒、毒舌、ドS」のそろい踏み。作中で「サディスティック星から来た王子」と称されたこともあります。
剣の腕は真選組随一で、バトルシーンの迫力は多くのファンを夢中にさせました。
numan読者からは「上司の命を常に狙っているキャラだから、下につくのは怖いな(笑)」「強いから厳しそう」などのコメントが届いていました。
7位は『テニスの王子様』手塚国光。
青春学園中等部のテニス部部長で、全国的にも有名なプレイヤーです。
「手塚ゾーン」「手塚ファントム」など、強力な必殺技を多数持つ実力者。
学校では生徒会長も務め、成績優秀。自分にも他人にも厳しく、部内でルールを破る選手がいれば問答無用でグラウンドを走らせます。
numan関係者からも「油断せずにいこうという口癖があるので、上司になったら厳しい指令とか出してきそう。でもフォローはしっかりしてくれそう」「中学生で既に大人の貫禄があるから、社会人になったらすごいでしょうね…」などの声が上がっていました。

6位~4位

6位は『SLAM DUNK』赤木剛憲(ゴリ)。
湘北高の3年生で、バスケ部の主将。
問題児だらけのチームの精神的な柱であり、全国制覇に向けて力強く歩んでいく志を持っています。
堅実な努力家で、バスケのプレイスキルも部内では抜きんでています。「ゴリラダンク」や「ハエタタキ」などの豪快なプレイは、他校の選手にもよく知られています。
普段は温厚な性格ですが、バスケのこととなると人が変わったように感情的になるキャラ。やる気ゆえに空回ってしまい、他の部員と温度差に悩んだことも。
numan読者からは「スラダンのもう一人の主人公。たまに失敗もしてるけど、ついていきたくなる後ろ姿だと思う」「バスケに一直線だから、会社でも仕事一直線で、さぼったりしたらかなり怒られそう」などのコメントが届きました。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません