エモッ…!神谷浩史、『ONE PIECE』20年越しの“海賊A”が話題に。粋な演出に「胸熱」「歴史を感じる」

掲載/更新 0
エモッ…!神谷浩史、『ONE PIECE』20年越しの“海賊A”が話題に。粋な演出に「胸熱」「歴史を感じる」
2021年11月21日、アニメ『ONE PIECE』(ワンピース)第1000話が放送されました。その記念すべき回に、トラファルガー・ロー役の神谷浩史さんが、“海賊A”役で出演したことで話題を呼びました。20年越しの粋な演出が感慨深い……!
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。11月21日に放送された第1000話「圧倒的戦力! 麦わらの一味集結」が放送されました。

さまざまな特別演出や映画『ONE PIECE FILM RED』の制作発表が世間を沸かせた中、神谷浩史さんの出演にも注目が集まりました。「粋すぎる……!」とファンを唸らせたその理由とは……?

『ONE PIECE Log Collection “PUNK HAZARD"』画像

『ONE PIECE Log Collection “PUNK HAZARD"』より

“海賊A”役に神谷浩史!「粋すぎる」「エモっ…」

神谷浩史さんは『ONE PIECE』では高い人気を誇る重要キャラクターの一人、トラファルガー・ロー役を演じられています。「神谷さんといえばロー!」という声もあがるほど、今ではなじみの深い役柄ですよね。

そんな神谷さんの名前が、今回放送された第1000話では“海賊A”役としてクレジットに並んだのです。
実は遡ること20年以上、第1話でも“海賊A”役として出演されていた神谷さん

初代オープニング「ウィーアー!」や初期のアイキャッチ映像のオマージュなど、アニメ放送開始当時を思い起こさせる演出が連続した記念すべき第1000話。
さらには神谷さんが第1話と同じ役で登場したことで、視聴者からは「なんて粋なことを……」「エッッッモ……」「1000話にローとしてじゃなく海賊Aとして出たの胸熱すぎ」「1話でモブを演じた神谷浩史が1000話でまた名もなきモブを演じてるのもう、本当にもう……」と感嘆の声が続々とあがりました。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません