連載終了で残念だった漫画といえば?第2位『ハイキュー!!』第3位『鬼灯の冷徹』第1位はやっぱり…!

連載終了で残念だった漫画といえば?第2位『ハイキュー!!』第3位『鬼灯の冷徹』第1位はやっぱり…!
gooランキングから「【2020年版】今年連載が終了して一番残念だった漫画ランキング」が発表されました。『約束のネバーランド』『鬼灯の冷徹』『ハイキュー!!』など、大ヒット作が多数ランクイン。1位に輝いたのは?
IMAGE
gooランキングから「【2020年版】今年連載が終了して一番残念だった漫画ランキング」が発表されました!

定期刊行誌への掲載、あるいは配信サイトでの定期更新という形で連載されることが多い漫画。好きな作品の最新話が掲載・更新されるのを心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、どんな素晴らしい作品であっても、いつかは終わりの日を迎えてしまいます。
そこで今回は、定期刊行誌で2020年に連載を終えた漫画に注目し、多くの人が「終わってしまったのが悲しい!」と感じたのはどの作品だったのか、アンケート調査とランキング化がおこなわれました。

このランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪

10位~7位

10位は『ドメスティックな彼女』。そして続く9位は『七つの大罪』でした。『七つの大罪』は2012年から週刊少年マガジンで連載され、アニメ化や舞台化など様々なメディアミックスも展開された作品です
2021年夏には、原作者・鈴木央先生による完全新作ストーリーによる劇場版『七つの大罪 光に呪われし者たち』の公開が決定しています。

8位は『逃げるは恥だが役に立つ』。2012年からKissで連載されたラブコメディです。2016年には新垣結衣さんと星野源さんで実写ドラマ化。エンディングテーマを使った「恋ダンス」は、社会現象レベルのブームとなりました。そして続く7位は『五等分の花嫁』となりました。
23 件

この記事のタグ

Comment

2021-02-20

バンデット 偽伝太平記かな

2021-02-20

こち亀じゃないのか

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは