連載終了で残念だった漫画といえば?第2位『ハイキュー!!』第3位『鬼灯の冷徹』第1位はやっぱり…!

IMAGE

6位~4位

6位は『コウノドリ』。
2012年からモーニングで連載され、第40回講談社漫画賞では一般部門を受賞しています。
2015年、2017年には実写ドラマが放送され話題となりました。
産科医療をテーマにした作品で、妊婦とその家族を中心に、重々しくも大切な物語が展開されていきます。
numan読者からは「出産のリアルなストーリーがよかった。男女問わず読んでほしいと思った」「産んだらハッピーエンドというばかりじゃなくて、その後の親子の人生を丁寧に描いているのが好きでした」といった声が届きました。
5位は『アクタージュ act-age』。
2018年から週刊少年ジャンプで連載されていた演劇漫画です。
主人公・夜凪景を実在する女優として扱う「女優化プロジェクト」や、大規模なオーディションを経た舞台版などが決定していましたが突然の連載中止、既刊も無期限の出荷停止という残念な結果になってしまいました。

4位は『約束のネバーランド』。
2016年から週刊少年ジャンプで連載されており、テレピアニメや実写映画、海外ドラマなど様々なメディアミックスも展開されています。
孤児院で育てられた子どもたちが、過酷な運命を切り開いていくダークファンタジー。連載当初から「ジャンプらしくない作品」として話題になっており、老若男女幅広い層から支持を集めました。
2018年には「このマンガがすごい!」オトコ版1位を獲得しています。
numan読者からは「子どもたちの戦いぶりに手に汗を握った」「ダークな展開だけどほっこりするシーンや親子愛も描かれている」「続刊が待ちきれなくて、このために本誌を買うようになりました」などのコメントが寄せられていました。
23 件
  

この記事のタグ

Comment

2021-02-20

バンデット 偽伝太平記かな

2021-02-20

こち亀じゃないのか

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは