『うらみちお兄さん』13話、杉田智和の"最終回"にあの作品を思い出す!?「終わる詐欺?」「フラグに聞こえる」

掲載/更新 0
『うらみちお兄さん』13話、杉田智和の"最終回"にあの作品を思い出す!?「終わる詐欺?」「フラグに聞こえる」
『うらみちお兄さん』第13話では、インパクトの強いキャラクターをまたもや裏道が演じることに。神谷浩史さんのセリフも「言い方がずるい」と話題になりました。みんなの感想とともに振り返ってみましょう!
IMAGE
子ども向け教育番組に出演する大人たちの表と裏を描いた『うらみちお兄さん』が待望のアニメ化!
主人公の表田裏道を神谷浩史さんが演じるなど、豪華声優陣も注目を集めています。
最終回となる第13話「Forever『ママンとトゥギャザー』」では、前回浮上した裏道退職疑惑の真相が明らかに!

さらに最終回にしてまたもやインパクトの強いキャラクターを裏道が演じることになります。「言い方がずるい」と視聴者の腹筋を崩壊させた神谷浩史さんの演技とは?

終わる終わる詐欺かと思った」との感想も見られた最終回を振り返ってみましょう!

退職疑惑の真相は…神谷浩史のフランス語も見事!?

前回から続いていた裏道の退職疑惑。
しかし実際は兎原の勘違いで、裏道が辞めるのは通っていたスポーツジムでした。

約2分であっさりと解決したため、「先週の引き、秒で回収された!」と視聴者はびっくり。

「やっぱり兎原の勘違いだった!」、「12話から気が気じゃなかったけど兎原の勘違いで本当によかった」、「例によって熊谷から事情を教えてもらえなかった兎原」、「予想通り勘違いなのが安心」と、いつも通りの流れにファンは安堵していました。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません