『A3!』 オーイシマサヨシの愛され力がすごい。いじりにも神対応する“おしゃべりクソ眼鏡”の魅力

『A3!』 オーイシマサヨシの愛され力がすごい。いじりにも神対応する“おしゃべりクソ眼鏡”の魅力
類まれなる音楽センスと甘いマスクで、熱い視線を集めているオーイシマサヨシさん。カタカナが並んで少しわかりにくい名前のせいか、いじられることが多数。それに対するオーイシさんの“神対応”とは?
IMAGE
類まれなる音楽センスと甘いマスクで、熱い視線を集めている大石昌良さん。全文字カタカナの「オーイシマサヨシ」としても活躍しています。

そんな才能を持つ一方で、いじされることもしばしば。それに対するオーイシさんの“神対応”も話題になっています。

“ヌマヨシ”に“ゴシゴシ”⁉

オーイシさんは昨年12月、Twitter上に「楽屋入り」と画像を添えて投稿。添付されていた画像には、昨年12月放送の『沼にハマってきいてみた』(NHK)が用意した楽屋のドアが写っていました。

その部屋番号がオーイシさんが楽曲を担当している作品『A3!』と同じ「A-3」だったことに、視聴者は「部屋番号が『A3!』とか狙ってるのか?」「偶然ならすごい」と驚き。

その一方でより注目されたのは“内田真礼様”や“春奈るな様”と並んだその紙に印字されていた「オーイシ“ヌマ”ヨシ」という名前。よく見ると「ヌマ」は二重線で消され、「マサ」と訂正されています。

これを見たファンからは「オーイシさんの扱いが雑www」「絶対わざとだろw」と意図的に名前をいじった疑惑があがったほか、「さては自分で用意したな」とオーイシさんの自作自演を疑うファンも!
14 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは