今から『銀河英雄伝説』を読む?観る?それとも聴く?田中芳樹作品ならこの1本!

今から『銀河英雄伝説』を読む?観る?それとも聴く?田中芳樹作品ならこの1本!
2018年春放映予定のアニメ『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』。近年では『アルスラーン戦記』で知られる田中芳樹原作のスペールオペラが、再びアニメ化されるというニュースに、新旧のファンが沸き立っています。今回は30年以上に渡って愛され続ける名作『銀河英雄伝説』(略称:『銀英伝(ぎんえいでん)』)のススメです。
IMAGE

『アルスラーン戦記』の田中芳樹原作『銀河英雄伝説』が2018年春からアニメ化

2018年春からの放映が決定しているTVアニメの1つに『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』があります。新たなキャラクターデザインや宮野守さん、鈴村健一さんを始めとする人気声優のキャスティングといった部分で注目を浴びており、さらに続編として『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』が2019年に劇場版3部作として公開予定が決まっているなど、なかなか大きなプロジェクトの気配です。

これが発表された時、Twitter等では驚きや期待、戸惑いといった強い反応を見せた方も多くいた一方、一体何がそれほど話題になるのかわからなかったという方もいたのではないでしょうか。おそらく、比較的若い方や最近オタクになった方々かと思います。なぜなら原作である『銀河英雄伝説』は1981年から始まったという、実に35年以上前の作品。リアルタイムで追っていた方は、すでにだいぶベテランです。けれど、昔からオタクだった方にとっては、男女ともに実際に読んだことはなくともなんとなく知っているもの、という程度には有名な作品でした。

過去にアニメ化、コミカライズ、舞台化といったメディアミックスが行われるたびに新しいファンを獲得し、愛され続けてきた『銀河英雄伝説』の原作者は田中芳樹さん。20代の皆さんの場合『アルスラーン戦記』の原作者といった方がわかりやすいかもしれません。

2015年から2016年にかけてアニメ化された『アルスラーン戦記』。中東風の世界で旅をする王子一行を毎週見守っていたという方も多いことでしょう。現在も荒川弘さんによるコミカライズは続行中ですが、こちらも原作は1986年という、すでに30年以上前にはじまった作品です。そして、実はこの『アルスラーン戦記』も1991年の劇場アニメ版を皮切りにOVA化もされていました。

旧作のキャストは、王子アルスラーンが山口勝平さん、黒衣の騎士ダリューンが井上和彦さん。ほかにも今や大御所とよばれる方々が出演しています。まだ購入可能なタイトルもある模様なので、新作版と見比べてみるのも楽しいかもしれません。

1600年後の宇宙で戦う人々の人間ドラマ

さて『銀河英雄伝説』とはどのような物語なのかを簡単に紹介しましょう。まず舞台となっているのは、現在から見て約1600年後の未来です。人類は資源が乏しくなった地球を飛び出し、宇宙で生活するようになったのですが、歴史の中で独裁者が誕生。そして作られたのが、物語の一方の主役となる銀河帝国です。中世ヨーロッパ風の文化を持ち、皇帝が統治。貴族と平民階級があるような社会です。

銀河帝国では共和主義者を政治犯として扱い、虐げていました。そこから脱出した人々が作ったのが、もう一方の主役である自由惑星同盟です。民主主義で、選挙によって選ばれた政治家が協議して統治する。今の日本人にとってわかりやすい社会体制になっています。この2つの国が戦争体制に入って、約150年。そんな時代のストーリーです。

広義でのSFと呼ばれるジャンルに属する作品ではあるのですが、科学技術などにはあまりフォーカスしていません。また宇宙人のようなものにも出会わなかった世界なので、現在の人間と同じ風貌の人々だけが登場します。ですから、舞台が宇宙であるとはいえメインは人間ドラマ。原作小説は、重厚な世界観や時代がかった雰囲気を演出する言葉使いが多少入り口を狭めるかもしれませんが、それに慣れてしまえばすいすい読める、ライトノベルのようなキャラクター小説タイプの作品です。

21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは