『ドラえもん』の怖~い話4選。石ころぼうし、初登場は恐ろしい道具だった…

掲載/更新 0
『ドラえもん』の怖~い話4選。石ころぼうし、初登場は恐ろしい道具だった…
藤子・F・不二雄先生の国民的アニメ『ドラえもん』。大人から子供までが楽しめる作品ですが、実は原作コミックには恐ろしいトラウマ回が存在します……。
50年にわたって愛される国民的作品『ドラえもん』は、泣ける話、爆笑できる話もありますが、原作者藤子・F・不二雄先生の悪意や凄すぎる想像力によって作られた超怖い「トラウマ回」も有名です。

今回は、ぜひ読んでほしい“トラウマ道具”を4つをご​紹介します。

『ドラえもん ひみつ道具百科 タケコプターのまき』(小学館)

『ドラえもん ひみつ道具百科 タケコプターのまき』(小学館)

「バイバイン」17巻収録

『ドラえもん』の「トラウマ回」のなかでも特に有名なのが、「バイバイン」のエピソードです。

のび太が一つしかない栗まんじゅうをどう食べるか悩む、というくだらないスタートですが、ドラえもんがひみつ道具で、一滴たらすだけでその物体が5分ごとに2つに分裂して増えていくという「バイバイン」を出してからとんでもない事態が巻き起こります。
ドラえもんは、増やした栗まんじゅうを残さず食べるよう言いつけ、出かけてしまいます。しかし、のび太は「バイバイン」で2つに増えた栗まんじゅうはさらに5分後に4つ、もう5分後には8つと「ネズミ算」式に増えていくことに気づき、大喜びで栗まんじゅうを食べまくります。

『ドラえもん』17巻(小学館)

『ドラえもん』17巻(小学館)

そして、のび太はそのうちお腹いっぱいに。しかし、お構いなしに栗まんじゅうは倍、さらに倍と無限に増え続け、怖くなった彼は増えた栗まんじゅうをゴミ箱に入れてしまいます。

しかし、増殖する栗まんじゅうはあふれかえり、庭を埋め尽くしてしまうのです。事態に気づき、「えらいことをしてくれた!!」と驚愕のドラえもんは、このままでは地球が栗まんじゅうで埋め尽くされると、増え続ける栗まんじゅうを大風呂敷に包み、ロケットに括りつけて宇宙に飛ばしてしまいます。
ここで話は終わりますが、これは解決になっているのかと子供ながらにモヤモヤした回でした。「バイバイン」を最初の栗まんじゅうにかけてから、約一日で栗まんじゅうが全宇宙を埋め尽くしてしまう、もしくはブラックホール化するなど恐ろしい考察も出回るなど、みんなのトラウマになっている回です。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません