舞台俳優から声優まで! マルチに活躍する増田俊樹さん演じるアニメキャラ5選!!

アニメ
0

声優よりも俳優としてのデビューの方が早かった増田俊樹さん。俳優デビュー作は2009年の『テニスの王子様 ミュージカル』の幸村精市役なので、その頃からのファンの方も多いのではないでしょうか。 そんな増田俊樹さんに、今回はフィーチャーしてみました。

増田俊樹さんの魅力とは?

増田俊樹さんといえば、テニミュデビューが鮮烈すぎて、その甘いマスクの虜になってしまった方も多いのではないでしょうか。顔もかっこよいのに声も可愛いとは、天は与えるところには与えますよネ。
声優としてのデビューは2010年ですが、デビュー前から速水奨さんに師事し、翌年2011年には『遊☆戯☆王ZEXAL』でレギュラーを獲得されていたことからもその実力は確かなものですよね!
今回はそんな増田さん演じるアニメキャラクターをチョイスしてみました! あなたのスキな増田さんの役が選ばれているかも!?

【プリティーリズム・レインボーライブ/KING OF PRISM:仁科カヅキ】

アニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』は、タカラトミーアーツとsyn Sophiaが共同開発したアーケードゲーム『プリティーリズム』を原作としたアニメ作品です。『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』はその『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンアウトとして2016年1月に第一作の劇場版アニメが、2017年6月に第二作が公開されました。
『プリティーリズム・レインボーライブ』最終話で結成されたユニットOver The Rainbowのメンバーの一人である仁科カヅキを増田さんが演じています。

1990年代を象徴する小室哲哉の名曲『BOY MEETS GIRL』や『EZ DO DANCE』、『CRAZY GONNA CRAZY』が使われており、その名曲を声優さんたちが実際に歌っているという、名曲と良い声の相乗効果が堪能できるアニメとなっています。いつ聴いても名曲は名曲ですよね!!
カヅキ先輩は、"プリズムキングカップ・フライ・スカイハイセッション"の三強の一人である黒川怜に憧れており、ダンスとスケボーが得意なストリート系プリズムスタァ候補生。モットーは"フリーダム"。人との繋がりを大事にしており、面倒見の良さが半端ないと評されるカヅキ先輩、若いのにさすがです!
増田さんの自声は高めの少年声ですが、それがカヅキ先輩にピッタリですよね!
劇場版二作目では、プリズムキングカップにおいて失格になってしまったタイガきゅんを「すっげーフリーダムだったぞ!」と励まし、自身は“ストリートの暴君”の異名を持つ大和アレクサンダーにより破壊された会場を修復するという偉業を成し遂げます。そんなカヅキ先輩の「フリーダム!」ボイスと歌声は、プリリズ&キンプリで!!

■DATA

プリティーリズム・レインボーライブ/KING OF PRISM
キャスト加藤英美里、小松未可子、芹澤優、佐倉綾音、戸松遥、後藤沙緒里、内田真礼、伊藤かな恵、柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、神代知衣、森久保祥太郎 他(プリティーリズム)
キャスト柿原徹也、前野智昭、増田俊樹、寺島淳太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬 他
配信情報テレビ東京系列 他
原作タカラトミーアーツ・syn Sophia
キャラクター原案松浦麻衣
Copyright©TV TOKYO Corporation All rights reserved.

【刀剣乱舞/刀剣乱舞 花丸:加州清光】

アニメ『刀剣乱舞 花丸』は、ニトロプラスのブラウザゲーム『刀剣乱舞』を原作とした作品です。2016年10月にOAされ、大人気を博しました。

増田さんが演じるのは新選組の一番隊隊長である沖田総司が使っていたとされる打刀・加州清光
「あー。川の下の子です。加州清光。扱いづらいけど、性能はいい感じってね」 と登場する加州清光は、“貧しい環境で生まれたせいか、 綺麗にしていれば主に可愛がってもらえると思っている、大和守安定とは正反対に見えて似た者同士の喧嘩仲間”という公式の紹介があります。実際大和守安定とはキャラデザインで対になっている設定が多いですよね。

『刀剣乱舞 花丸』では、一番最初に顕現した初期刀として登場します。その後に登場する主人公である大和守安定をサポートする相棒役として、作品のメインを二振りで張っています。お互いに「清光」「安定」と呼び合い、仲睦まじい様子が見られましたよね!
性格は飄々としているようで、成長途中の大和守安定を支える良き先輩と言ったところですが、三日月宗近が顕現したことから、不安げな様子を見せます。そこがまたいじらしいというか可愛いというか。増田さんの演技が光るところですよね! 特にいじけたようなしょんぼり声を出されると「大丈夫!!清光じゅうぶん可愛いから!!」と画面に向かって言い聞かせたくなる感じでした(笑)。
「キレイにしていれば主にかわいがってもらえる」と思っているので、主の望む刀である三日月宗近が来たら、もう自分はかわいがってもらえなくなると思うあたり、もう!!!か!わ!い!い!

結果、誤解だったとわかったことで安心した清光は、おじじこと三日月宗近からも優しさとは強さであることを学び、ちょっとだけ成長したのでした……。
その後のお話はこれから控えている第二期に注目ですね!!また刀剣男子たちが動く可愛い姿が見られますよ~!

■DATA

刀剣乱舞/刀剣乱舞 花丸
キャスト市来光弘、増田俊樹、新垣樽助、山下大輝、入江玲於奈、間島淳司、興津和幸、濱健人 他
配信情報TOKYO MX 他
原作ニトロプラス(『刀剣乱舞』 DMMブラウザゲーム)
Copyright©2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

【美男高校地球防衛部LOVE!:蔵王立】

アニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』は、ポニーキャニオンと創通がタッグを組んだオリジナルアニメ作品で、原作は馬谷くらり(馬谷:ポニーキャニオン、くらり:創→倉り)と表記されていて、遊び心が伺えます。
2015年1月から第一期が、2016年7月に第二期がOAされ、2017年8月からなんちゃって劇場版(三週間期間限定上映)が上映されていますね。
メインキャスト5人がほぼ新人でキャスティングされ、中の人が出演したニコニコ生放送も反響を呼んだこの作品で、増田さんは女の子大好きな自称モテ男・蔵王立を演じています。

ある日突然、宇宙からやってきたウォンバット(ウォンさん)にバトルラヴァーズにされてしまった箱根有基蔵王立鳴子硫黄鬼怒川熱由布院煙の地球防衛部(笑)の5人。彼らは「ラブメイキング!」の掛け声と共に、ラブレスレットの宝石にキスをして変身するのですが、そのリップ音が一度録った音声を使いまわすのではなく、必ず毎回新録していることで話題になりましたよね(笑)(※1)。特に、立は「ラブメイキーン!」と一人だけ言い方が違うので、収録現場を覗きに行きたい! と思ったのは、筆者だけではないはず!! 皆さんどんな顔して収録されていたんでしょうねぇ~。
防衛部の5名は基本、有基を除いてバトルラヴァーズをやる気がほぼないのですが、立はコスチュームは気に入っているようで、そこが可愛いなぁと思ってしまうところ。
硫黄ちゃんとは当初は仲が悪かったことが信じられないくらい「彼女にアリバイで送るから」と言い訳のツーショットを撮影したり(有基が写り込んでたけど)する仲で、その仲良し具合がとても微笑ましい(いろいろな意味で)二人です。実際キャスト同士は仲が良いようで、ニコ生でも増田さんが硫黄役の白井さんに絡んだり、有基役の山本さんに甘える姿が見られたりしました。
間違いなく地声と地で演じられているであろう役どころは珍しいので、増田さんファンはぜひチェックしてみてください! なんちゃって劇場版でのこの5名(とウォンさん)の結末はいかに!?

※1 出典:美男高校地球防衛部LOVE!公式twitter(2015年1月24日)

■DATA

美男高校地球防衛部LOVE!
キャスト山本和臣、梅原裕一郎、西山宏太朗、白井悠介、増田俊樹、麦人、神谷浩史、福山潤、寺島拓篤 他
配信情報テレビ東京系列 他
原作馬谷くらり
Copyright©馬谷くらり/黒玉湯保存会

【サムライフラメンコ:羽佐間正義】

アニメ『サムライフラメンコ』は、フジテレビ系列の深夜放送枠ノイタミナのオリジナル作品で、2013年10月から2クールでOAされました。キャラクター原案に倉花千夏さんを起用したことでも話題になりましたよね。この作品で増田さんは、羽佐間正義役で初の主演を務めます。

お話は、小さい頃から特撮ヒーローが大好きで、特に大した能力も持たずに"正義の味方"に憧れたファッションモデルの青年羽佐間正義と、特に正義感を持たない警察官の後藤秀徳の二人を主人公として進みます。"真のヒーローとは何か"をテーマに、次々に起こる事件の中でヒーローとして、そして人間として成長していく姿をコメディやシリアスを交えながら描く作品です。
声の音程は正義が19歳ということもあり、いつもよりも少し低めの音程で演じられていますが、今となってはかなり珍しい音程ではないかと思います。
お話は色んな意味でちょっと重くなりがちな内容なのですが、主人公と同じように悩んで成長していったであろう増田さんの姿を重ね合わせてみるのも良いかもしれません!

■DATA

サムライフラメンコ
キャスト増田俊樹、杉田智和、戸松遥 M.A.O、山崎エリイ、小杉十郎太、大川透、中村千絵、 他
配信情報フジテレビ系列 他
キャラクター原案倉花千夏
Copyright©manglobe/Project Samumenco

【MARGINAL#4  KISSから創造るBig Bang:桐原アトム】

アニメ『MARGINAL #4 KISSから創造るBig Bang』は、Rejetが”銀河の果てまでKissを届けるアイドル”をコンセプトに結成させた架空のアイドルユニットたちをRejet Fes.以外で初めて登場させた作品で、2017年1月からOAされました。
この作品で、増田さんは熱血少年の桐原アトムを演じています。2012年にMAX BOYSでデビューした増田さんの歌唱力には定評があり、こちらの作品でも素敵な歌声を聞かせてくれています。ちなみにこちらの作品の歌詞は全て、Rejetの代表取締役であり、数々の乙女ゲームを世に送り出してきたプロデューサーでもある岩崎大介さんが担当されています。ご存じの方には岩崎マジック健在!! という楽曲となっていますよ~!

作品は4人組のMARGINAL#4を中心に、先輩でありライバルでもあるLAGRANGE POINTや後輩ユニットのUnicorn.Jr.等も登場し、新人アイドルとしての姿だけではなく現役高校生としても彼らの成長を描きます。
もともとはドラマCDから始まり、ゲームになり、遂にアニメになった『MARGINAL#4』ですが、部活を作ったり、文化祭で出店をだしたり、間違って送ってしまったCDを取りに種子島に旅立ったり、アイドルとしてはもちろん、高校生としてのナマの姿をたくさん堪能できるアニメとなっています! そのキャラクターを彩る増田さんの声にも是非注目してみてください!!

■DATA

MARGINAL#4  KISSから創造るBig Bang
キャスト増田俊樹、KENN、豊永利行、蒼井翔太、染谷俊之、高橋直純、鈴木裕斗、大河元気 他
配信情報TOKYO MX 他
原作Rejet(『MARGINAL #4』)
キャラクター原案キリシマソウ
Copyright©Rejet/MARGINAL#4 FC

まとめ

以上、"増田俊樹ボイス"を各種堪能できるキャラクターをご紹介しました!
増田俊樹さんから紡ぎ出される、魅力あふれるキャラクターたちは今回ご紹介した以外にもまだまだたくさんいますので、これがオススメ!というのがありましたら編集部までお知らせください!
今後も増田俊樹さんの活躍から目が離せません!!!

スタッフいちおし!

人気ランキング

特集記事一覧

アニメの人気ランキング

    
用語集 きになる用語をCHECK!!
pagetop