夫婦だ…!『半妖の夜叉姫』第35話、りんと殺生丸に愛を感じた「心の中で話してる」「泣ける」

掲載/更新 0
夫婦だ…!『半妖の夜叉姫』第35話、りんと殺生丸に愛を感じた「心の中で話してる」「泣ける」
『半妖の夜叉姫』第35話「決戦の朔(後編)」を振り返り! りんの登場、殺生丸との会話に反響が集まりました。また、もろはの活躍も見どころ。犬夜叉とかごめの遺伝子を感じたシーンとは?
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第35話「決戦の朔(後編)」では、もろは竹千代と協力し見事将監との戦いに勝利しました。せつなの策で退治屋も雪妖怪を無事撃退。一方、とわは一人窮地に陥る……。

夜叉姫達の活躍の一方、りん殺生丸の登場にも注目が集まりました。もろはにも犬夜叉かごめの面影を感じるシーンが。みんなからの感想をご紹介します。

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

殺生丸とりんの会話に泣ける…

第35話では、せつなが眠れるようになってからはじめてりんが登場しました。
呪いの進行を止めていた胡蝶との繋がりがなくなり、銀の鱗が以前よりも増えている姿は痛ましかったですね。

しかし、これまでは眠り続けていたりんが目覚め喋るという嬉しい点も。
視聴者からも「え!?りんちゃんしゃべった!!」「!?目を覚まして喋ってる!」「ああああ喋った可愛い!!!」と驚きの声があがっていました。
殺生丸様……」と語りかけ、「最後にもう一度あの子たちに会いたい」「とわが泣いている」と訴えました。
殺生丸は言葉を返すことはないものの、そんなりんを見つめながら話をじっと聞いていました

これまで14年に渡り眠り続けるりんの元に通い詰め、ひたすら見守ってきた殺生丸。見た目や態度には出さないものの、目を覚ましたりんに名前を呼んでもらえた喜びはひとしおだったでしょう。

二人のやりとりからは変わらぬ夫婦愛を感じることができ、「殺りんの会話泣いた」「殺生丸からりんちゃん愛を感じる」「心の中で会話してるのね……」との声も。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません