『半妖の夜叉姫』第29話、殺生丸が犬夜叉の名を…!「愛が深い」「感動」魔法少女とわも話題に!?

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第29話、殺生丸が犬夜叉の名を…!「愛が深い」「感動」魔法少女とわも話題に!?
『半妖の夜叉姫』第29話「りおんという名の少女」を振り返り! 産霊山の中で眠っていた麒麟丸の娘、りおんの正体が明らかに。殺生丸と夜叉姫たち家族のやりとりに感動の声が集まりました。もろはにかけた優しい言葉とは……。みんなの感想は?
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第29話「りおんという名の少女」では、麒麟丸の娘、りおんが産霊山で眠り続けていた理由が明らかに。一方、殺生丸が胡蝶を斬り、せつなは眠りを取り戻すことができました。

とわ・せつな・もろはと対話する殺生丸の姿が視聴者を驚かせた第29話。特にもろはへかけた言葉に注目が。一体なんと声をかけたのでしょうか。あらすじとともにみんなの感想をご紹介します。

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

殺生丸の活躍が止まらない!娘と姪への声かけが優しい…

夜叉姫たちの前に姿を現した殺生丸は、せつなとりんと夢の胡蝶の関係について説明。
せつなの「母を救いたい」という覚悟を聞いて胡蝶を斬った殺生丸。せつなは父の手によって眠りを取り戻すことができたのでした。

りんの呪いの進行が早まるリスクを負いつつも、母を救いたいと願う娘の言葉を信じ、その覚悟を尊重したからこその殺生丸の行動には驚かされます。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません