りん、動くな――『犬夜叉』殺生丸とりんの愛が深い…!“殺りん”にキュン萌えする名言といえば?

りん、動くな――『犬夜叉』殺生丸とりんの愛が深い…!“殺りん”にキュン萌えする名言といえば?
続編『半妖の夜叉姫』も放送され、長年多くの人に愛される『犬夜叉』より、人気キャラクター殺生丸とりんにまつわる名言6選をご紹介。甘い言葉はなくとも伝わる二人の絆にキュンとします。
IMAGE
完結から10年以上経った今もなお愛される高橋留美子先生原作の『犬夜叉』。続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』の放送をきっかけに『犬夜叉』に再熱するファンも多いよう。

時代を越えた冒険物語はもちろん、キャラクターたちの人間関係や恋愛模様も『犬夜叉』を語る上で欠かせない見どころ。特に恋愛については学ぶ点や共感できる点もたくさんあり、名言も多く生まれています。そこで今回は、ファンの中でも人気が高い殺生丸りんにまつわる印象深いセリフをご紹介します。

犬夜叉 ワイド版(26) (少年サンデーコミックススペシャル)  画像

『犬夜叉』ワイド版 26巻 (小学館)

【1】りんの命と引きかえに得るものなど──なにもない!!

まずは、一番有名と言っても過言ではない殺生丸のこのセリフから。第48巻、りんが再び命を落とした冥界編での殺生丸の言葉です。

殺生丸はりんを天生牙で生き返らせた出会いの日を思い返し、人里に残してくるべきだったと悔やみつつも、りんを連れ戻すと強い意志を持って冥界へと踏み込みます。
しかし冥界の主を倒すもりんは目覚めず……。もう天生牙ではりんを救えないことを知って焦りを見せる殺生丸は静かにりんの名前を呟きながら、心では「天生牙──こんな物のために──おまえを死なせてしまった。」「りんの命と引きかえに得るものなど──なにもない!!」と叫ぶのです。

いつでも冷静沈着で、時に冷酷な殺生丸が心を乱すほど、りんへの想いが強いことがひしひしと伝わってくる名場面ででした。

また、その後御母堂の力によって息を吹き返したりんに触れながら「もう…大丈夫だ」と声をかけるシーンからも、殺生丸の愛情を感じ取ることができます。

【2】なにが嬉しい。様子を聞いただけだ

38 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは