『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎と宇髄天元の“死の価値観”とは。遊郭編は無限列車編との対比性に注目

『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎と宇髄天元の“死の価値観”とは。遊郭編は無限列車編との対比性に注目
社会現象を巻き起こしたアニメ『鬼滅の刃』2期は遊郭編であることが発表されました。見どころは無限列車編との対比性にある? 煉獄杏寿郎と宇髄天元の価値観に注目します。
IMAGE
大勢のファンが待ち侘びた、『鬼滅の刃』アニメ2期がついに2021年放送決定! 原作の「遊郭編」が描かれる今回のアニメ2期。炭治郎たちが初めて本格的に上弦の鬼と相対する、物語の中でも大きなターニングポイントの1つとなるエピソードです。
遊郭編の見どころは、映画で描かれた「無限列車編」との対比性。その理由は煉獄杏寿郎と宇髄天元にある?

なお、本記事は性質上『鬼滅の刃』の原作の内容を含みます。未読の方はご注意ください。

煉獄杏寿郎と宇髄天元の“死への価値観”とは

無限列車編で上弦の参・猗窩座に一切太刀打ちできなかった炭治郎たちが、共闘して上弦の陸・堕姫&妓夫太郎を打ち倒しその成長を示すこのエピソード。
この遊郭編の真の見どころは、映画が社会現象ともなった無限列車編との物語の性質の対比性にあります。それを如実に表すのが、各エピソードにてメインで活躍する柱・煉獄杏寿郎宇髄天元両名の対比性です。

それが最もよく表れているのが、2人の「死への価値観」
鬼殺隊として、自らの身命を賭して鬼を斬ることはもちろん大前提。その中でも、この2人の命に対しての考え方はやや相反した性質を持っています。
16 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは