推しのゲームがサービス終了!絶望のオタクがやるべきことは⁉『隙あらば乙女ゲームがしたい!』カワグチマサミ

掲載/更新 3
推しのゲームがサービス終了!絶望のオタクがやるべきことは⁉『隙あらば乙女ゲームがしたい!』カワグチマサミ
コミックエッセイ作家・カワグチマサミさんによる、乙女ゲームへの愛を叫ぶ連載・第3回! 乙女ゲーマーにとって最も恐ろしい“サービス終了”時のお話です。絶望にくれるオタクを励ました言葉は…?

第3回 愛するゲームの続編がサービス終了して絶望した話

乙女ゲーマーから共感の嵐!『隙あらば乙女ゲームがしたい!』カワグチマサミ【まとめ読み】

こんにちは。
隙あらばゲームしたくてイラストレーターになったカワグチマサミです。
その昔、ハマっていた乙女ゲームがありました。


とても現実主義な主人公が、お昼寝をしていて目が覚めたら、そこは信じられないことに不思議の国の世界。
擬人化されたイケメンたちと不思議な国で暮らす、クセが強いSFファンタジーゲーム。


タイムトリップとか、異次元設定とか、現実離れしてるゲーム好きなんですよね!

現実逃避願望強いから。
そのゲームは、登場する主人公もキャラクターたちも個性豊かすぎて(クセが強すぎて)…


あっという間に、その世界の虜になりました。


特に、当時、中二病満開だった私は
史上稀に見るとんでもない情緒不安定なヤンデレのキャラクターにハートを射抜かれてしまいました。

『隙あらば乙女ゲームがしたい!』カワグチマサミ第3回 画像2

※大人の事情により“なんちゃってヤン騎士”でお送りします(編集部注)


彼ってば、爽やかな顔してすぐ殺してこようとするんですよ。

病みすぎ~!


そのゲームはシリーズ化されていて、数年おきに新作が発売されました。


新作が出るまで待ちきれない私は、
グッズやコミックスを購入し、映画も何度も見に行きました。


私は、ジワジワと不思議の世界に落ちていきました。
彼は、二次元でありながら、私の中で生きていました。

彼と次に会える時を、続編を、心から楽しみにしていました。


そう、

楽しみに…。

していました……。


このあと、衝撃的な出来事が起こることなど知らずに……。


その日、いつも通りの日常を過ごしていました。

すると、そこには

「乙女ゲームで有名な会社○○倒産」の記事が…!
41 件

この記事のタグ

Comment

2020-11-15ななな

アリスシリーズ大好きでした。当時あんなに現実的な主人公が衝撃で。復活本当に嬉しいです。

2019-12-14わい

クインロゼさんですね??