『鬼滅の刃』禰豆子にKATE「マンガジェニックライナー」で変身できるか⁉ メイク初心者が挑戦してみた

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』禰豆子にKATE「マンガジェニックライナー」で変身できるか⁉ メイク初心者が挑戦してみた
発売されるや否や、斬新なコンセプトで話題を呼んだKATE「マンガジェニックライナー」。マンガジェニックな目元になれるというこのアイテムを使って、アニメキャラメイクに挑戦してみました!
「マンガに出てくる登場人物のように、ぱっちりとした目になりたい!」という悩みを持っている方は多いはず。

KATEから新たに発売され話題となった『マンガジェニックライナー』は、“マンガジェニックな大きな目元が簡単自然につくれる”をテーマにした、パウダーアイライナー。
ブラウン・ブラック系の3色を使いながら「たれ目」「涙袋」を強調できるほか、目幅の拡張効果がある優れものです。

今回は、そんなマンガジェニックライナーで“猫目”の筆者が“たれ目”になってみたいと思います。
そしてどうせならアニメキャラになってみたい。
今やたれ目王道キャラとも言える、竈門禰豆子(『鬼滅の刃』)になってみたい! 

メイク初心者、コスプレ経験ゼロの筆者が無謀にも挑戦してみました♪

コンパクトに詰まった3色でたれ目を作ろう

まず、パッケージを開けると、涙袋に塗るツヤ肌パウダー涙袋の影を作るパウダー、アイライナーになるジェルパウダーが。

メイク初心者らしく、ほかのアイシャドウやアイライナーには頼らず作っていきます……!

さっそく挑戦! 使い方は3ステップ

マンガジェニックライナーの使い方は、以下たったの3ステップのみ。
【1】 ブラシでジェルパウダーをとり、目尻からたれ目ラインを引き、目幅を拡張させます。

普段アイラインはペンシルで引く筆者は、ブラシと言うと柔らかい印象を持っていたので硬さに驚きました。ですが、一本一本が揃った状態なので、まっすぐできれいな線が引きやすかったです。
禰豆子の場合、丸みのあるたれ目なので、長く引きすぎないよう意識しながら目尻の3分の1を引きました。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません