元推しのグッズ、どうしてる?約7割が捨てられない…!処分する派の意見は【#オタ女世論調査】

掲載/更新 0
元推しのグッズ、どうしてる?約7割が捨てられない…!処分する派の意見は【#オタ女世論調査】
どんどん増えていく推し。そこで置き場所に困るのが、過去にハマっていた“元推し”のグッズです。かつての推しも大切だけど、新しい推しを飾る場所がほしい……そんなとき、みんなはどうしているのでしょうか?
もう収納場所が無い、保管場所からモノがあふれているのについついグッズを買っちゃう……。これってオタクあるあるですよね。日々、増えていく一方のグッズをどのように扱っているのでしょうか。なかでも気になるのは、以前ハマっていた”推し”のグッズについてです。
numanの公式Twitter(@numan_edd)で「過去にハマった推しのグッズ、どうしてる?
」というアンケートを実施したところ、”捨てられない:61%、処分します:32.1%、飾り続ける:6.5%”という結果に(集計期間:2022年3月4日~3月11日)。”捨てられない”と”飾り続ける”を合わせると、7割近くが過去にハマったグッズを手元に置いていることが分かりました。
今は違う”推し”に夢中でも、過去にハマっていた”推し”のグッズを捨てられないという人は多いようです。オタクにとって悩ましい問題であるかつての推しグッズの保管方法についてヒアリングしました!

区切りをつけるための”捨てる”派

まずは今回のアンケートでは少数派だった「捨てる」派の意見を見ていきましょう。

「私の場合は短期熱中型なので、好きになってからガッとグッズを集めて、ある程度落ち着いたら処分することが多いです。正確には捨てるんじゃなく売却し、返ってきたお金でまた新しいジャンルのグッズを買うというループです(笑)」(20代)

ゴミとして処分するのではなく、フリマアプリや中古グッズ店での売却、SNSで譲るというケースが多いようです。

「引っ越しするとき、過去に集めていたグッズを捨てちゃいました。これまではなんとなく残していたけど、少しでも荷物を減らさなきゃいけない段階になるとようやく決心がつきました」(保育・20代)

「漫画雑誌を数年間ためていました。週刊誌なのですごい数に……。床がミシミシ鳴るレベルになって、やっとまとめて捨てることに。バックナンバーも昔のものだとつい読みふけってしまって、なかなか整理が進まなかったです」(20代)
引っ越しや断捨離など、生活の変化によってグッズを処分するパターンも。特に引っ越しの場合は、時間に限りがあるので捨てる踏ん切りがつくということも多いのではないでしょうか?

グッズに歴史アリ。”捨てられない”派の意見

25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません