帝王・森川智之が伝えたいこと「声優になるならアニメを観るな」の真意とは?

帝王・森川智之が伝えたいこと「声優になるならアニメを観るな」の真意とは?
森川智之さんが2018年4月に上梓した『声優 声の職人』(岩波書店)。アニメやゲームだけでなく、トム・クルーズなどハリウッド俳優の吹き替えも担当し、30年以上声優界のトップを走り続けてきた森川さん。そんな森川さんの思う演技論・声優論とは?
IMAGE

森川智之さん著『声優 声の職人』(岩波新書)

森川智之さんの著書『声優 声の職人』(岩波新書)が2018年4月21日に上梓されました。  

そもそも声優とはどんな職業なのか、声優としてやるべきことはなんなのか。声優という仕事の仕組みも含め、森川さん自身がデビューした当初から現在にいたるまでのこと、出演したさまざまな作品のことなど振り返りながら、5章にわたって声優論・演技論を展開しています。
森川さんといえば、アニメ・吹き替え・ナレーションと、その形態を問わずさまざまな”声の仕事”で第一線の活躍を続けるベテラン声優であり、誰もが一度はその声を聞いたことがあると言っても過言ではありません。

また同時に森川さんは、自身が起ち上げた声優事務所の社長・養成所の講師でもあり、後進を指導・育成する側にある立場でもあります。そんな森川さんが、本書の中で声優を目指す人たちへ投げかけた言葉がありました。

それは「アニメばかり観ていたりゲームばかりしていてはダメだ」というもの。そこには、一体どんな意図が込められているのでしょうか。本書の内容から、その想いを探ります。

”アニメが好き”だけでは声優になれない

17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは