自カプの供給が足りない!妄想が小説になる「AIのべりすと」が凄かった…『オタ腐★幾星霜』栗山ナツキ【第13話】

掲載/更新 0
自カプの供給が足りない!妄想が小説になる「AIのべりすと」が凄かった…『オタ腐★幾星霜』栗山ナツキ【第13話】
レポート漫画作家・栗山ナツキさんによる、オタクで腐女子な日々をつづる連載コミック。第13回は、流行りの小説AIシステム「AIのべりすと」を活用! 新たな萌えが発見できちゃうかも?
クリヤマちゃん​”って何者!?
これまでのクリヤマちゃんの活躍はこちらをチェック♪

■【マンガまとめ読み】オタクや腐女子あるあるが満載!『オタ腐★幾星霜』栗山ナツキhttps://numan.tokyo/column/mFYmP

自カプの供給が足りない!そんなときは?

ドラマを見ていたときに、この監督さんは演出がすばらしく萌えて、自分のカップリングに当てはめて妄想した……と友人に語ったら「スタッフクレジットで語るあなたは、本物のオタクだと確信した」と言われました。

本物認定を受けたクリヤマです。
こんにちは。
皆さん、好みのカプは自発的に組み合わせますか?
先人の布教に従いますか?

長く腐っていると、自分の好みが周りに理解されて、先回り布教されたりもしますよね。
でもソムリエは合うカプを教えてくれても、一緒に酔ってくれるわけではありません。
自分で描くので満足する人もいれば、様々な作風の作品が読みたい人もいるかと思います。
そんな場合の救済措置として提案いたしますのが、こんな方法です。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません