『うた☆プリ』企画は大反対された――原作者・上松範康の"アイドル"を生む覚悟

『うた☆プリ』企画は大反対された――原作者・上松範康の"アイドル"を生む覚悟

作詞・作曲家、音楽プロデューサー、そしてアニメの原作者。様々な顔を持つ上松範康さんの著書『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』が2018年4月に上梓されました。水樹奈々さんや宮野真守さんとのエピソードなどが詰め込まれた本書のなかから『うたの☆プリンスさまっ♪』の誕生秘話に注目してご紹介します。

「頭がおかしくなったのか」と社員の顔に書いてあった

2018年4月20日に上松範康さんの著書『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』(主婦の友社)が上梓されました。

上松さんといえば多数のアニソン・ゲーム音楽を手がけるElements Gardenの代表であり、『うたの☆プリンスさまっ♪』(以下、『うた☆プリ』)や『戦姫絶唱シンフォギア』の生みの親。

もはや二次元界隈の音楽を語る上で、決して抜きにはできない唯一無二の存在となった上松さんですが、本書の中で初めて『うた☆プリ』企画を提案したときのことをこう回想します。

スタッフたちは本当にびっくりしていました。「うちの社長は会議で突然、なにを言い出したんだ?」「ついに仕事のしすぎで頭がおかしくなったのか」と、みんなの顔にそう書いてありました。
(『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』より)

ただでさえ忙しいなか、新たな企画を始めることにマネージャーも困惑。「意味がわからないんですが……」とまで言われたとのこと。

そんな最悪な空気のなか始動した『うた☆プリ』がなぜ多くの人に愛され、第一作の発売から8年が経過した今でも私たちを惹きつけてやまないのか――その理由を『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』から印象的な個所を引用しつつ、探っていきます。

『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』

常識を凌駕する。それこそがアイドルの姿

常識を絶対に凌駕する。それこそがアニメで描くべきアイドルの姿であり、我々がアニメとともに追い求めてきた非日常=ファンタジーへの憧れの形です
(『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』より)

なんとしても『うた☆プリ』を世に出したいという情熱と、企画への自信があったと語る上松さん。アイドルへの情熱や感動、キラキラしたものを、二次元の世界で生み出したい――できるはずだと。

『うた☆プリ』以前のゲームやアニメの中には、男性アイドルものはほとんど存在していませんでした。
氏は、スタッフの大反対にあっても粘り強く説得し、制作会社に売り込み、ついに『うた☆プリ』を本格始動させます。

キメカットにこだわり、ぶっ飛んだ演出でもちゃんと女の子がときめくように。
『うた☆プリ』アニメの第一話制作時、上松さんはそんなふうに、徹底的にアイドルたちのかっこよさを追求してほしいと依頼したのだそう。

自身が手がけるテーマソングの歌詞も、インパクトを重視して制作。響きが良ければ、英語の文法が間違いなど気にしない。アイドルたちのグループ名を呼んでもらうために意図的に仕込んだコールも、常識にとらわれないタイトルも、すべてはインパクトの重要性を分かっていたから。

とことんまで攻めるのが『うた☆プリ』の美学――そんな上松さんのこだわりがすべて詰まったアニメ版第一話。冒頭で『マジLOVE1000%』を彼らが歌い踊る姿は、視聴者たちの心を見事にさらっていきました。

そこには、上松さんの『うた☆プリ』に賭けるありったけの思いが形となって躍動していました。二次元のアイドルだからこそ描けるもの。常識の型にはまらない、でも決してかっこよさは外さない。まさに、私たちが知る『うた☆プリ』アイドルたちの姿です。

声優が命を吹き込むと、キャラに尊さが宿る

『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』2

『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』 (C)UTA☆PRI-LS PROJECT

声優の皆さんにはできるだけ純度を高めた生命を吹き込んでもらう。そうして生まれたキャラクターたちには尊さが宿る。
(『アニソン・ゲーム音楽作り 20年の軌跡~上松範康の仕事術~』より)

上松さんのTwitterなどでも言及されていることですが、『うた☆プリ』の中には、最初から担当声優へのオマージュという形で設定が構築されているキャラクターがいます。

たとえば一ノ瀬トキヤには、宮野真守さんの隠し持つストイックさが与えられたのだそう。
『うた☆プリ』以前から宮野さんを知っていたという上松さん。宮野真守にほれてしまった、とまで語る上松さんにとって、エンターテイナーとしてもアーティストとしても素晴らしい才能を持つ宮野さんは『うた☆プリ』の企画に必要不可欠な存在でした。

同様に、蒼井翔太さんの存在は、美風藍というキャラクターが生まれるきっかけになったとのこと。
蒼井さんの持つ切なさやはかなさを感じる美しさに触れ、『うた☆プリ』に登場させたいと考えていたロボットのキャラクターとどこか重なると感じたのだそう。
23 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!