『ヒプマイ』一郎&左馬刻の出会い、乱数&寂雷のブッ飛んだ初対面…!アプリ版コミカライズがオススメな理由

 『ヒプマイ』一郎&左馬刻の出会い、乱数&寂雷のブッ飛んだ初対面…!アプリ版コミカライズがオススメな理由
12月よりコミカライズがスタートした『ヒプノシスマイク -Before the Battle- The Dirty Dawg』と『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』。2作品をさっそくマンガアプリでチェックしてみました♪
木村昴さんや浅沼晋太郎さんなど有名男性声優12人によるラップソングプロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』。2017年の発表以来人気に火がつき、いまやアニメ雑誌だけでなく、一般女性誌やニュース番組でも取り上げられるほどの大ブーム。

そんな『ヒプマイ』は主にCDにて展開されていますが、2018年12月よりコミカライズがスタート!

『ヒプマイ』コミカライズ 画像1

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』より

すぐにでも掲載雑誌を購入したいところなのですが……壁は痛バや推しグッズでギッシリ、棚の上には推しアクリルスタンドや缶バッジ、トレーディング系のグッズでギッシリ、本棚にはコミックが並び、新刊が出るたび毎月増えていくコミック。

本棚に入りきらないコミックが部屋のいたるところに山積み…もう収納するところがないです!でもコミックを読むのはやめられないし、どうしたらいいの~!

そんな中、コミカライズをマンガアプリでも読めると知り、「Palcy(パルシィ)」をダウンロードしてみました。

ぽち。これでスマホさえあれば電車の中でも推しのあれこれを見られますよ! アーイ!

一郎と左馬刻の出会い――初めて判明するストーリー!

さてアプリ「Palcy(パルシィ)」にて読めるのは『ヒプノシスマイク  -Before the Battle- The Dirty Dawg』(以下、『T.D.D』)と 『ヒプノシスマイク  -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』(以下、『B.B&M.T.C』)の2作品。さっそく両方チェック!
まず『T.D.D』編。
ドラマCDでは判明していない部分を読むことができます。T.D.D結成よりも、さらに前の皆の生活が描かれていて、画面超ズームしまくりです。ありがとうパルシィ

一郎と左馬刻、そういう出会い方だったとは……当時、二人とも別のアレがいたんですね、へえ~そうですかそうですか!!!(五体投地)

一方、乱数と寂雷先生もかなりブッ飛んだ初対面で、あれがThe Dirty Dawg「T.D.D LEGEND」の黄金時代へどう繋がっていくのか目が離せません。

『ヒプマイ』コミカライズ 画像2

『ヒプノシスマイク -Before the Battle- The Dirty Dawg』より

『B.B&M.T.C』編も山田三兄弟の絆は可愛く尊いものの、何か裏で動いているようで不穏みすごい。「じろさぶ逃げて超逃げて……!」と独り言が漏れました。

M.T.Cはハマ特有の艶やかクール&匂い立つ大人の色気プラスサバイバル(物理)という感じで、これもコミックで見るとまた格別。

『ヒプマイ』コミカライズ 画像3

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』より

また『ヒプマイ』を電子コミックで持ち歩けると、オタ友とすぐにスマホを見ながら「顔面が凶器」「ここの解釈どう思った」などいつでも語り合えるので便利!

『おっさんずラブ』、『メサイア』コミカライズも! pixiv作品まで充実

さてせっかくなので引き続き「Palcy(パルシィ)」内を検索してみます。

講談社の女性向けコミック『なかよし』『フレンド』『デザート』『Kiss』『BELOVE』の作品が読めるんですね、これ。さらに「Palcy(パルシィ)」pixiv作品も多数掲載されているので『極妻デイズ』はじめ色々な人気コミックもチェック出来ました。

『極妻デイズ』、あんなSSR級イケメン揃いハーレム、読んでるだけで顔の良さとときめきがブッ刺さってきます。ヤクザ・和服・メガネは"皆大好き三原則"と言われて久しいですが、全部盛りで各種そろっております。

その他『おっさんずラブ』コミカライズ作品や、映像化、舞台化されている『メサイア』のコミカライズ『メサイア -CODE EDGE- 』、ゲーム原作で実写映画化も決定した『ダウト ~嘘つき王子は誰?』、オリジナルアニメから劇場版、舞台とメディアミックスされている『K 赤の王国』、そして吉高由里子さん主演でドラマ化もされた『東京タラレバ娘』ほか、読みたい作品がいっぱい!

『東京タラレバ娘』画像

『東京タラレバ娘』より

「Palcy(パルシィ)」は、冒頭など一部のストーリーを無料で読めるほか、毎日朝晩合計2回無料配布される「チケット」やミッションクリアしてゲットする「ボーナスチケット」を使って続きを読み進められます。

「読む」「コメントする」「シェアする」などのアクションに応じて「エール」というポイントがもらえ、たまったエールはボーナスチケットやプレゼントと交換OKだそうです。

そして「Palcy(パルシィ)」のアプリをダウンロードすると今なら30話まで無料チケットもらえます。正直私はそれで『ヒプマイ』を読みました! ありがとうございます! 1日の中でちょくちょくチケットが増えてくれるところも嬉しいし使いやすいですね。

まとめ

今まで強火の紙媒体派だったのですが、『ヒプマイ』読みたさに電子コミックアプリ「Palcy(パルシィ)」をダウンロードしてみた結果、使いやすい&楽しいことに目覚めました! おはようイケブクロ~!

これからも「Palcy(パルシィ)」を活用していきたいと思います。そしてダウンロードをぜひ皆さんにもオススメしたいと思います♪

執筆:加藤日奈
【作品概要】
『ヒプノシスマイク -Before The Battle- The Dirty Dawg』
原作:EVIL LINE RECORDS 漫画:鴉月ルイ シナリオ:百瀬祐一郎

『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side B.B & M.T.C』
原作:EVIL LINE RECORDS 漫画:蟹江鉄史 シナリオ:百瀬祐一郎

※時期によっては配信が終了している可能性もあります。注意ください。

【Palcy(パルシィ)概要】
名称:Palcy
ジャンル:マンガアプリ
価格:基本無料(一部有料サービスあり)
メーカー:講談社
対応OS:iOS10.3/Android5.0以上

※Palcy(パルシィ)が提供する「エール」とpixiv Sketch LIVEが提供する「エール」の機能は異なるため、付与するポイントに互換性はございません。
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

2019-04-16

公式タグ付けてる記事でCP名表記ってどうなんですか?

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは