アニメ『ハコヅメ』はドラマ好きにも勧めたい。原作ファンが感じた戸田恵梨香らの功績

掲載/更新 0
アニメ『ハコヅメ』はドラマ好きにも勧めたい。原作ファンが感じた戸田恵梨香らの功績
永野芽郁さんと戸田恵梨香さんのタッグによるドラマ版が好評を得た『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』。アニメ版もお勧めしたい理由とは? 元警察官の作者が描く本作の見どころを原作ファンがご紹介します。
IMAGE
2017年より『モーニング』にて連載中の泰三子による漫画『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』。

警察内では交番のことを「ハコ」と呼び、その「ハコ」で勤務する女性警察官の内情を描き出した作品です。
2021年には『ハコヅメ ~たたかう!交番女子~』としてテレビドラマ化もされました。
そして、2022年にはテレビアニメ化もされ、現在、もっとも注目すべき「警察漫画」だと言えるでしょう。

そんな『ハコヅメ』ですが、テレビドラマ版ようするに実写版で本作を知ったというファンが非常に多いのもまた事実。

ということで、本稿ではテレビドラマ版で本作にハマった人へ向けて、まだまだ知りたい『ハコヅメ ~交番女子たちの逆襲~』の魅力を紹介します。

『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』17巻 (講談社)

『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』17巻 (講談社)

元警察官!異色のマンガ家が描くリアルな事情

前述のように『ハコヅメ ~交番女子たちの逆襲~』は2017年より連載中の警察漫画です。
原作の泰三子先生は、元警察官という異色の経歴の持ち主で、自身が女性警察官時代に経験したことを作品に組み込んでいると言います。

もともと、目撃者の証言から犯人の似顔絵を作成する似顔絵捜査官としても活躍していたため、人の顔を描くのは得意だったという泰先生は、警察という仕事がどんなものなのか? 警察官はどんな生活を送っているのか? ということを伝えるために、10年務めた県警を辞め、漫画家に転身しました。​
警察を辞めて久しい現在でも警察官時代の身を守る癖などが抜けきっていないという泰先生は、異色の経歴の持ち主であるからこそ素顔は明かしていません。

すなわち『ハコヅメ』は、元警察官が描いた作品だからこそ、とてもリアルな警察の内情が描かれた作品と言えるわけです。
物語は、町山署の交番に勤務する新人警察官の川合麻依の視点から展開されていきます。
手っ取り早く公務員になるために警察官という職を選んだは良いものの、違反者だけでなく一般市民からも文句を言われる日々と想像を絶する激務に嫌気がさした川合。

辞表を提出しようと考えた彼女の前に、元刑事課のエースでしたが、後輩へのパワハラが原因で交番勤務となったという美人警察官・藤聖子がやってくることから幕を開け、2人のコンビが事件を解決したり、警察内部の恒例行事や暗黙のルールに直面していく様を描きます。

一見すると何ともコミカルなほんわか「日常系漫画」かと思われがちですが、意外にも生々しい犯罪の様子が描かれている部分が、最大の見どころと言えるでしょう。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません