『鬼滅の刃』で注目! 明治・大正・昭和初期…ハイカラ時代が舞台のオススメ漫画3選

『鬼滅の刃』で注目! 明治・大正・昭和初期…ハイカラ時代が舞台のオススメ漫画3選
『鬼滅の刃』や『ゴールデンカムイ』のヒットから、注目されつつある明治・大正時代を舞台とした漫画。そんなハイカラな日本を舞台にした漫画から、今読みたい3タイトルをご紹介します!
明治時代を舞台にした『ゴールデンカムイ』大正時代を舞台にした『鬼滅の刃』など、最近は明治・大正・昭和初期の日本を舞台にしたマンガが注目されつつあります!
蒸気機関車が走るようなハイカラな舞台背景に感化され、江戸東京博物館や江戸東京たてもの園、博物館明治村などに足を運ぶ人も多いよう。そんなロマンあふれる時代を舞台にしたマンガから、今読みたいオススメの3タイトルをご紹介します♪

『ゴールデン・デイズ』平成と大正の時代を越えた純愛

『ゴールデン・デイズ』 白泉社
作:高尾滋


こちらは巻数が多めですが、すでに完結済みの『花とゆめ』掲載の名作。
最初の舞台は平成。高校1年生の相馬光也(そうま・みつや)は、大好きな祖父が危篤という知らせを受け、病院へ駆けつけます。そこで地震に見舞われた光也が目を覚ますと、目の前に広がるのは大正10年の東京の街並みで……。

大正時代にタイムスリップし、瓜二つの顔をした祖父として過ごすことになる光也。共に行動するのは、春日仁(かすが・じん)。祖父が語っていた「ずっと悔やみ続けていること」「もしも時が戻るなら…あいつをきっと助けに戻るのに――」という言葉が向けられたのは、仁なのでしょうか? 祖父が70年抱き続けていた心残りとは?

ゴールデン・デイズ01

©高尾滋/白泉社(「マンガPark」プレスリリースより)

19 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは