『ワンピース』第1063話“たった1人の家族”でローがキュートな姿に激変!? 読者に衝撃走る「同人誌の設定を網羅してる」「タンクトップ着用は伏線だったか…」

掲載/更新 0
『ワンピース』第1063話“たった1人の家族”でローがキュートな姿に激変!? 読者に衝撃走る「同人誌の設定を網羅してる」「タンクトップ着用は伏線だったか…」
10月17日(月)発売の週刊少年ジャンプ46号に『ONE PIECE』第1063話“たった1人の家族”が掲載され、登場したトラファルガー・ローの異変に衝撃が走りました。
IMAGE
10月17日(月)発売の週刊少年ジャンプ46号に『ONE PIECE』第1063話“たった1人の家族”が掲載されました。

その内容をめぐり、今回もTwitterでは「今週のワンピ」のハッシュタグが盛り上がり中。
中でも、トラファルガー・ローのまさかの姿に衝撃が走り、ローの名前や作者の尾田栄一郎氏の名前がトレンド入りしています。

※『ONE PIECE』単行本未収録の内容を含みます。最新話における物語の直接的なネタバレは記載していませんが、コミックス派、アニメ派の方はご注意ください。

DVD『ONE PIECE Log Collection “PUNK HAZARD"』画像

DVD『ONE PIECE Log Collection “PUNK HAZARD"』より

ローの姿に衝撃!「可愛すぎる」「同人誌?」

ワノ国を出航し、新たな島での冒険をスタートさせたルフィたち。
一方で、カイドウ打倒のためルフィと同盟を組んでいたトラファルガー・ローは、ワノ国で麦わらの一味と別れ、別の航路を辿っていました。

ローはルフィやゾロと並ぶ「最悪の世代」と称される海賊の一人で、超人系悪魔の実〝オペオペの実〟の能力者。
クールな佇まいや壮絶な過去、仲間思いな点やたまに見せるお茶目な一面は多くのファンを惹きつけ、2021年に行われた「第1回 ONE PIECEキャラクター世界人気投票 WT100」では5位にランクインしました。
公式ショップからバースデーグッズが発売されれば、それを求めるファンで長蛇の列ができ、当日中に売り切れてしまうほどの人気キャラです。

そんな彼が今回、これまでになかったキュートな姿になり大きな話題となりました。

CD『ワンピース ニッポン縦断! 47クルーズCD in 大阪 LOST IN 新世界』画像

CD『ワンピース ニッポン縦断! 47クルーズCD in 大阪 LOST IN 新世界』より

ページの三分の一を占める大きめのコマに描かれたインパクト大のその姿には、読者から困惑と歓喜の声が続々。
「突然の供給……」「かわいすぎる」「えっ……出航のときに珍しくタンクトップなんて着てたのはこの伏線だった……?」「ローが同人誌にありがち設定を網羅しようとしてんのマジで好き」「な、なんか変な気持ちになっちゃう……」「こんな状態でも解説係とツッコミ係を全うしてえらい」などなど、感想がたくさん届いています。

また、作者へは「ロー、尾田栄一郎に遊ばれすぎだろw」「伝説のおっさん描くの疲れた病がこんなところにまで影響するとは」「このコマなんの意味が?尾田っちの趣味?ファンサ?」「尾田先生、青山先生との対談で「やりたいことが出来るフェーズに入った」ってめっちゃカッコよく言ってたけど、最終章でここまで性癖爆発させてくるとは思わなかった」といった声も。尾田氏の遊び心が存分に発揮されたシーンとなりました。

じつは72巻でもあった「もしもの姿」

じつは今回の衝撃的なローの姿を彷彿とさせるイラストは、以前コミックス72巻で読者からの質問やリクエストに応えるSBSコーナーで「もしもの姿」として描かれたことがあり、“サラダ化”として一部ONE PIECEファンの間で親しまれてきました。
そのため、「まさか本編に登場するとは」と、より歓喜の声が大きかったのかもしれません。

また、似た姿のフィギュアも非公認で登場したことがあるのですが、やはり公式のキャラクターデザインに勝るものはありません。
ローらしさを残しつつ、とってもカワイくなってしまったその姿はぜひ、その目で確かめてみてくださいね。

(執筆:まりも)

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません