どういう状況…?『進撃の巨人』本誌の表紙にツッコミが止まらない!?忘れられないイラスト5選

掲載/更新 0
どういう状況…?『進撃の巨人』本誌の表紙にツッコミが止まらない!?忘れられないイラスト5選
アニメも絶賛放映中の『進撃の巨人』。ハラハラする展開が続いていますが、『別冊少年マガジン』本誌ではちょっと笑えるイラストが披露されています。有名画像パロディからサウナまで!?
IMAGE
現在放送中のアニメ『進撃の巨人 The Final Season』、同アニメの原作『進撃の巨人』(講談社/諫山創)は、2009年9月に『別冊少年マガジン』で連載がスタートし、今年で12年目を迎えました。人類を食べる謎の巨人と人類の戦いを描いた同作は、そのダークな世界観と緻密なストーリーが話題を呼び、累計発行部数1億部を超える超大ヒット作品です。

そして先日、4月9日発売の本誌5月号で最終回を迎えることが発表されました。11年同作を追い続けたファンたちは「早く終わってほしいような、終わってほしくないような……」というモヤモヤした気持ちを抱えているはず。

『進撃の巨人』1巻(講談社)画像

『進撃の巨人』1巻(講談社)

なぜなら『進撃の巨人』は、当初から過酷な世界だったにも関わらず、ストーリーが進むほどにしんどさが加速。今では、主人公・エレンの強すぎる想いと正義がすれ違いつづけ、修復不可能な地獄と化しています。とにかく苦しい(※個人の感想です)。

それでも我々読者は、彼らの選択と終末を見るまでは死ねない……多くの人が、そんな想いでページをめくっているのではないでしょうか。
しんどさチョモランマ級地獄マンガの一角を担っている『進撃の巨人』ですが、『別冊少年マガジン』本誌に掲載された表紙には「笑える」「どういう状況?」など、本編とは正反対の朗らかな感想が集まる月があります。

今回は、過去に話題になった進撃の表紙絵を振り返り、気持ちを落ち着かせたいと思います。

⇒次ページ:「チャリできた。」に“外国人4コマ”も!ネットを沸かせた有名画像のパロディ表紙

ネットを沸かせたアノ画像のパロディが続々!

■外国人4コマ

読者を混乱させるほんわか表紙絵のなかには、ある画像をオマージュしたイラストが多数存在します。2017年5月号は、エレン、ミカサ、アルミンとリヴァイ兵長が表紙を飾りました。22巻と同時に発売され、いわゆる「マーレ編」がスタートした号です。これまで読者が読んできた物語、世界が一変する重要な回の表紙がこちらです。

別冊少年マガジン 2017年5月号(講談社)画像

別冊少年マガジン 2017年5月号(講談社)

4人が何かを見ながら盛り上がっていますね。「手に汗握れ、伝説を見逃すな。」と書かれたアオリ文が印象的。構図や色合いなどから、このイラストの元ネタとウワサされているのが“外人4コマ”と呼ばれる有名なネタ画像です。海外のゲーム情報サイト「IGN」に掲載された2枚の画像のうち、1枚をオマージュした可能性が高そう。

元ネタ画像は、ネット上で大喜利や日本のアニメを観た“海外の反応”を表す際にネット上でよく使われるので、どこかで見た記憶がある人も多いはず。
■チャリで来た。

こちらも人気のネタ画像「チャリで来た。」のパロディといわれている2017年9月号の表紙。元ネタの「チャリで来た。」は、拳を握った少年たちの気合いとは裏腹にチャリ(自転車)で来ている、というギャップがウケて、さまざまなパロディが作成されました。そのせいか、表紙に描かれたエレンたちの表情にも気合いが漂っています。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません