『呪術廻戦』愛され呪霊の結末が切ない…「漏瑚ロス」「唯一の癒しが!」惜しむ声が続々

『呪術廻戦』愛され呪霊の結末が切ない…「漏瑚ロス」「唯一の癒しが!」惜しむ声が続々
10月からのTVアニメ放送も楽しみな『呪術廻戦』。8月3日に発売された『週刊少年ジャンプ』では、敵のレギュラーキャラ・漏瑚(じょうご)がついに退場…!? その最期が「切ない」と話題になっています。
IMAGE

特級呪霊・漏瑚 VS 呪いの王・宿儺、ついに決着。

8月3日発売の『週刊少年ジャンプ』35号に掲載された、『呪術廻戦』第116話「渋谷事変」。

主人公・虎杖悠仁の身体を器としている呪いの王・宿儺(すくな)と、特級呪霊・漏瑚(じょうご)の激しい戦いがついに決着を迎えたのですが、漏瑚の退場の仕方が「切ない」と話題になっています。

※ネタバレがある可能性があります。未読の方はご注意ください。
左:漏瑚の仲間の花御 右:漏瑚
漏瑚はいわゆる敵のレギュラーキャラで、火力を操る、かなり強い特級呪霊。
妖怪のような見た目をしており、最強の呪術師・五条悟に「弱い」と言われた時には、ポッポー!と頭の火山を噴火させながら「小童が!」と怒るなど、どこかかわいいマスコットキャラ的人気があります。
13 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは