これは一体…『炎炎ノ消防隊』実写女性の登場に混乱!?「画期的すぎる」「先生、ご乱心か!?」

掲載/更新 0
これは一体…『炎炎ノ消防隊』実写女性の登場に混乱!?「画期的すぎる」「先生、ご乱心か!?」
2月17日に発売された『週刊少年マガジン』12号。大久保篤さんのマンガ『炎炎ノ消防隊』で唐突に“実写シーン”が登場し、大反響を巻き起こしています。マンガなのに実写って、一体どういうこと?
2月17日発売の『週刊少年マガジン』12号に掲載された、大久保篤さんの『炎炎ノ消防隊』。

なんとマンガでありながら唐突に“実写シーン”が登場し、読者を興奮と困惑の渦へ叩きこむことになりました。

リアル感がすごい“実写表現”

読者の度肝を抜いた255話「七柱目の女」では、街がドッペルゲンガーと火災旋風に襲われて大混乱に。
それでも第8特殊消防隊桜備は、「希望を捨てるな」と諦めません。

ところが桜備をあざ笑うように、黒い炎の中から「なんて嘆かわしい」というセリフとともにシスタースミレが出現。“大災害前”のことを思い出したという彼女は、“今とは描写の違う世界”を振り返り始めます。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません