ジョジョ6部『ストーンオーシャン』は問題作?異色の主人公・空条徐倫の魅力

掲載/更新 0
ジョジョ6部『ストーンオーシャン』は問題作?異色の主人公・空条徐倫の魅力
『ジョジョの奇妙な冒険』第6部『ストーンオーシャン』のアニメがスタート。ジョジョシリーズでも異色作と呼ばれることの多い同作の見どころ、そして徐倫の魅力とは? 
IMAGE
荒木飛呂彦氏による『ジョジョの奇妙な冒険』は週刊少年ジャンプで1987年から連載が開始され、2005年からウルトラジャンプに舞台を移し、現在でも続くロングヒット漫画。累計発行部数は1億部を越え、多くのヒット作を抱えるジャンプ作品の中でも代表的なもののひとつです。

そんなジョジョシリーズの第6部にあたる『ストーンオーシャン』のアニメがいよいよ放送開始。シリーズ中でも異色と呼ばれながらも熱狂的な人気を誇る本作の注目ポイントとは?

シリーズ最大の問題作?『ストーンオーシャン』の魅力とは

本作『ストーンオーシャン』はジョジョシリーズの中でも異色作。シリーズ最大の問題作と評されることもあります。
その最大の理由が、主人公の空条徐倫。ジョジョシリーズでは章ごとに主人公が変わりますが、これまでの主人公はいずれも男性でした。

しかし原作では第6部『ストーンオーシャン』ではじめて女性主人公が登場したのです。これまで「男の世界」として描かれてきたジョジョに突如現れた女性主人公は大きな驚きを持って読者に迎えられました。人によっては「こんなのジョジョじゃない!」と否定的な気持ちになったかもしれません。
ですが、当初は否定的な目で見ていた読者もだんだんと徐倫の魅力に引き込まれることになったのです。
徐倫の魅力はその明るく、強い精神力にあります。
第3部の主人公である空条承太郎の娘、空条徐倫は無実でありながら刑務所に放り込まれるところから物語はスタートします。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません