『呪術廻戦』0巻の謎。 五条悟が夏油傑に伝えた「――――」の意味は…

『呪術廻戦』0巻の謎。 五条悟が夏油傑に伝えた「――――」の意味は…
『呪術廻戦』本編へと繋がる前日譚『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』。同作といえば五条悟が夏油傑に向けて放つ「――――」という台詞が印象的ですが、彼はいったい何と言ったと思いますか?
IMAGE
今冬に劇場版の公開を控える『呪術廻戦』。そこで本稿では映画の原作にして、本編の原点でもある『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』にちなんだ考察をご紹介します。

今回取り上げるのは、五条悟夏油傑に放った「――――」という台詞。果たして「――――」が意味するものとは?

答えは0巻に。最有力候補は?

五条悟の「――――」という台詞が登場するのは、物語終盤のこと。

夏油が「高専の連中まで憎かったわけじゃない」「ただこの世界では私は心の底から笑えなかった」と心境を語ったところ、五条は「傑」と呼びかけた後に「――――」と何かを告げています。
10 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは