クセつよ…!『ゴールデンカムイ』作者・野田サトルの破天荒エピソード

掲載/更新 0
クセつよ…!『ゴールデンカムイ』作者・野田サトルの破天荒エピソード
最終章が開幕し、盛り上がりをみせる『ゴールデンカムイ』。今回はその作者、野田サトル先生の奇行(!?)に注目。ファンを驚かせる言動の数々から目が離せない……!
IMAGE
北海道の地に眠るアイヌの埋蔵金を巡って、壮絶な争奪戦を繰り広げる冒険活劇『ゴールデンカムイ』(野田サトル/集英社)。2014年に『週刊ヤングジャンプ』で連載がスタートしてから7年が経ち、物語もいよいよクライマックスに突入しています。終わりを迎えるのは寂しいけど、どんどん伏線が回収されていく展開に読む手が止まらない……そんな読者も多いのではないでしょうか。

グルメあり、アクションあり、大自然あり、歴史ロマンあり、男の裸あり……と、フィクションの面白さ全部乗せの同作は、強烈な個性を放つキャラクターの存在も大きな魅力のひとつ。とにかくたくさんの変人に出会えることでも有名(?)な作品です。

そして、多種多様なキャラを生み出してきた野田サトル先生自身も、これまでさまざまな“奇行”で話題を集めてきました。今回は、そんな野田先生にフューチャーしていきます。

【1】ファン企画に自ら投稿し驚かせる

ツイッター上で告知されたお題に沿って、ファンたちがマンガやアニメのファンアートを投稿するイベント、通称「ワンドロ」。

さまざまな作品が題材になるなか、ゴールデンカムイも「#ゴールデンカムイ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」のハッシュタグで、定期的にお絵描き一本勝負が開催されています。

基本、ファンが楽しむイベントなのですが、『ゴールデンカムイ』の2巻が発売された2015年2月19日、突如野田サトル先生が自身のアカウントでイラストを投稿。しっかりハッシュタグまでつけてワンドロに参加しています。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません