『銀魂』に続く?ジャンプ新世代ギャグ漫画といえば…「CVは櫻井孝宏で再生したい」

掲載/更新 0
『銀魂』に続く?ジャンプ新世代ギャグ漫画といえば…「CVは櫻井孝宏で再生したい」
7月20日発売の『週刊少年ジャンプ』にて、8年半の歴史に幕を下ろした『ハイキュー!!』。その他にも人気作が次々最終回を迎える中で、ギャグマンガの新連載が続々と始まっています。
鬼滅の刃』や『約束のネバーランド』、『ハイキュー!!』など人気作が次々最終回を迎える『週刊少年ジャンプ』。代わりに同誌で増えているものといえば…… そう、ギャグマンガです。

一体どんな新顔がお目見えしているのか、さらに歴代のギャグマンガの中で人気な作品は? 今回はジャンプの新・旧ギャグマンガに注目してみました。

ジャンプで1番好きなギャグマンガといえば?

まず最近、女性の間でも“面白い!”と話題になっていたのが、虫と家族にまつわる王道ギャグマンガ『森林王者モリキング』。

物語は小学3年生・藍川翔太が飼っていたカブトムシの幼虫が、“超イケメン”へ変態するという“突飛な展開”から始まります。
笑いあり、たまにほっこりありな展開が人気を博しているようで、読者からは「モリキング、クッソ面白いwww」「1話から心掴まれた」「モリキングのCVがなぜか櫻井孝宏で脳内再生される(笑)」といった反響が。

ちなみに作者の長谷川智広さんは、『BLEACH』の大ファン。作中には『BLEACH』をパロッた(であろう)描写も盛り込まれているので、ぜひ注目してみてくださいね。

歴代のギャグマンガといえば?

その他にも『僕とロボコ』や『マッシュル-MASHLE-』、『破壊神マグちゃん』などのギャグマンガが好評のようですが、歴代のジャンプ作品の中ではどのギャグ漫画が人気なのでしょうか。
『銀魂』『ギャグマンガ日和』、『いぬまるだしっ』『斉木楠雄のΨ難』など数々の名作が存在する中、“革新的”と呼び声高かったのが『ボボボーボ・ボーボボ』

ボーボボといえば、金髪のアフロにサングラス、そして長い鼻毛……。
その第一印象にひいてしまう女性も多かったのですが、一読すれば虜になってしまう異様な作品です。
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません