『ハイキュー!!』終章、5年越しの伏線をみごと回収!「五輪編」発言も伏線の可能性が…?

掲載/更新 0
『ハイキュー!!』終章、5年越しの伏線をみごと回収!「五輪編」発言も伏線の可能性が…?
『週刊少年ジャンプ』(集英社)で好評連載中の『ハイキュー!!』。物語が“終章”に突入する中、5年前に張られた“ある伏線”が回収されたようです。その気になる内容とは?
2019年10月28日(月)発売の『週刊少年ジャンプ』48号(集英社)より、ついに“終章”を迎えた『ハイキュー!!』。今後の展開に期待が膨らむ中、“5年越しの伏線回収”が話題を呼んでいます。果たしてその内容とは一体? ファンたちの反応は?

5年前の伏線を終章で回収!さらに7年越しの伏線も?

同作は、バレーボールを題材にした次世代王道スポーツ漫画。来年1月にはTVアニメ第4期が放送されますが、原作は一足先に終章へ。370話冒頭で描かれたのは、前回のエピソードから5年経った2017年の話。終章は大学3年生になったマネージャー谷地仁花の回想から始まり、ここで主人公・日向翔陽ブラジル・リオデジャネイロに渡ったことが明かされます。

さらに371話の終盤には、“大王様”こと青葉城西高校バレーボール部主将・及川徹が登場。372話では彼がリオにいる理由などが語られると同時に、“ある伏線”が回収されました。
“ある伏線”とは、2014年6月発売の単行本11巻での一幕。及川の後輩・金田一勇太郎「及川さんのあの話ってホントかな?」という発言です。この時点では“あの話”の内容は一切語られていませんでしたが、372話で“及川さんのあの話=海外への挑戦”だったことが明らかに。
じつに5年越しの伏線回収には、ファンからも「及川さんの“あの話”が、ここで繋がってくるの!?」「5年前の時点で、一体どれだけの構想が練られていたんだ? 古舘先生、やっぱ凄いわ」「感動して手が震えた」と絶賛の声が続出しました。
ちなみに過去には、古舘春一さんが巻末の作者コメントで“7年後に五輪編をやる”と発言したことが。

このときは「(仮)」と冗談交じりで記述されていましたが、370話では2016年開催のリオ五輪の描写がチラッと描かれています。
このことからネット上では、「2020年の東京五輪に合わせて、本当に五輪編が始まるのでは?」「今度は7年越しの伏線を回収か?」と“五輪編の実現”を期待する声も。
数年越しの伏線をサラリと回収していく『ハイキュー!!』。これもファンの心を掴み続ける魅力の1つなのかもしれませんね。
10 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません