『ハイキュー!!』意味深な"ラスボス"って誰? ファンの間で広がる考察とは…

『ハイキュー!!』意味深な"ラスボス"って誰? ファンの間で広がる考察とは…
昨年12月発売の『週刊少年ジャンプ』4・5号で、巻頭カラーを飾った古舘春一さんの『ハイキュー!!』第378話。「ラスボス」というエピソードタイトルを巡り、ファンの熱い考察合戦を呼び起こすことになりました。
IMAGE
週刊少年ジャンプ』で連載されている古舘春一さんの人気バレー漫画『ハイキュー!!』。

第378話では「ラスボス」というエピソードタイトルがつけられましたが、いったい誰のことを指しているのでしょうか。
当初の予想とは異なる人物が浮上……!?

進化を遂げた主人公・日向翔陽!

第378話「ラスボス」では、「V.LEAGUE」出場のため主人公・日向翔陽らが仙台の会場に集結。意気揚々とトイレに向かった日向の背後から、「今日は腹は大丈夫だろうな?」と声がかかります。

日向が振り返った先には、笑みを浮かべて立つ“コート上の王様”こと天才プレイヤー・影山飛雄の姿が。2人の対面カットをエピソードタイトルで2分割する粋な演出もあり、当初ネット上では“ラスボス”とは日向のライバル・影山のことを指すと考えている人が大多数でした。
11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは