まさかの現代編!『鬼滅の刃』最終回の予想合戦がはじまる…終わらない可能性も?

掲載/更新 0
まさかの現代編!『鬼滅の刃』最終回の予想合戦がはじまる…終わらない可能性も?
「もうすぐ最終回」と噂されている、『週刊少年ジャンプ』で連載中の『鬼滅の刃』。ここへ来て、なんと第204話の最後に「時は流れ時代は現代」との予告が! 読者の予想合戦が過熱しています。

まさかの「現代編」予告に衝撃

鬼舞辻無惨との決戦を経て、まもなく最終回……⁉と読者をドキドキさせている『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)

しかし5月11日発売の『週刊少年ジャンプ』23号に掲載された第204話にて、「そして時は流れ時代は現代! 次号最高潮」との予告が!
バックは現代の街と思われる絵になっています。

まさかの現代編に突入するのか? それともやっぱり最終回か?
5月18日発売の『週刊少年ジャンプ』24号『鬼滅の刃』第205話がどうなるのか、読者からはさまざまな意見が上がっているようです。

※一部ネタバレがあります。未読の方はご注意ください。

「次回で最終回派」と「終わらず続く派」の意見は?

鬼舞辻無惨との決戦後を描いた第204話『鬼のいない世界』は、これ以上綺麗な大団円があるだろうか……と思えるほど、幸せと達成感に満ちた回でした。
ネットでは「さらに戦いがあるとは思えない」「ここで最終回が良い」という声が圧倒的多数。

作品を愛するがゆえ、「無理に引き延ばさず、ふさわしいところで終わってほしい」と願う人が多いようです。
一方「終わらず現代編に続きそう」という人は、「映画も公開前で人気絶頂の中、終わるとは考えにくい」と考察しているよう。

確かに、20年以上連載されている『ONE PIECE』(著:尾田栄一郎)や15周年で完結した『銀魂』(著:空知英秋)を思うと、今年4周年の『鬼滅の刃』はまだ続いても良いはず。

しかし、作者の意向が最優先となることも多く、やはり吾峠呼先生が決めた“終わり”が最終回となる可能性が高いという見方もあるようです。
他に挙がっているのは、「『ジョジョの奇妙な冒険』形式で続く」という予想。

“スタンド使い”と呼ばれる能力者のバトルを描いた『ジョジョの奇妙な冒険』(著:荒木飛呂彦)は、第〇〇部ごとに舞台設定や主人公が変わります。

『鬼滅の刃』と『ジョジョの奇妙な冒険』には共通点があるとも言われていることから、舞台が現代になって炭治郎らの子孫が物語を引き継ぐのでは?と期待する人も。
アニメの予告でも人気の「“鬼滅学園”が始まってほしい」との声もありました。
TVアニメ「鬼滅の刃」次回予告第十四話

「鬼滅学園」バージョンのアニメ予告

11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません