『ヒロアカ』爆豪の衝撃展開。サブタイトルが意味するもの――守ることを選んだ瞬間だった

掲載/更新 0
『ヒロアカ』爆豪の衝撃展開。サブタイトルが意味するもの――守ることを選んだ瞬間だった
『週刊少年ジャンプ』にて衝撃の展開で読者を驚かせた『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカ)。「爆豪勝己:ライジング」の意味するものは?
『週刊少年ジャンプ』で連載中のマンガ『僕のヒーローアカデミア』(ヒロアカ)。9月28日(月)発売の少年ジャンプ43号掲載のNo.285にて、物語の今後を左右する衝撃的な展開が描かれ、話題になりました。

最後のページに大きく描かれた「ライジング」とは?
さらに44号(10月5日発売)掲載のNo.286での展開にも注目が集まっています。

※ネタバレを含む可能性があります。ご注意ください。

サブタイトル「爆豪勝己:ライジング」の意味とは?

現在、緑谷出久たちヒーローは、死柄木弔が率いる超常解放戦線との戦いの最中。オール・フォー・ワンを受け継ぎ万能の力を手にした死柄木に、身体の限界を超えたワン・フォー・オール100%の力で対抗する緑谷ですが、戦況は劣勢という状況です。
No.285ではワン・フォー・オールの能力を奪おうとした死柄木の攻撃が緑谷を襲う瞬間、爆豪勝己がその身を挺して守り、体を貫かれてしまいます。

緑谷をいじめていた過去、ワン・フォー・オールの秘密を知る数少ない人物、緑谷とは因縁深い関係にある爆豪です。物語上、緑谷と対をなすヒーロー像を描くキャラクターとして、重要な立ち位置にあった彼の死を匂わせる展開に、SNSトレンド上位に「爆豪」や「かっちゃん」が急浮上。
「かっちゃんがやばいし、死亡は回避してほしい」
「ヒロアカの本誌を読んだけど放心状態」
「爆豪の死亡フラグが立ってる!?」
など、彼の安否を気にする声でネット上が騒然となりました。

No.285で描かれたエピソードですが、自らの傷を省みずに戦う緑谷に、爆豪は“理想のヒーロー像”のようなものを重ねていて、過去の自分の言動などと比較してもどかしさを感じるシーンがあります。そして、緑谷が襲われるのを見て、「頭には何もなくて 身体が勝手に動いてた」というモノローグとともに、爆豪は彼を助けます。
ちなみに、この回のサブタイトルは「爆豪勝己:ライジング」。これまでの爆豪の成長過程では、「敵に勝つ」ことしか考えていなかったところに、「守りながら勝つ」ことを見出すようになりました。そして、この場面は彼のアイデンティティでもあった「勝つ」ことを捨てて「守る」ことを選んだ瞬間でもあります。

これは、憧れつつも、その強さしか見てこなかったオールマイトの献身性をはからずも体現したシーンで、爆豪が理想のヒーローとして「ライジング」した回だったように思います。

劇場版「HEROES:RISING」を思い出させる

さらに、“ライジング”と聞くと、ヒロアカファンには劇場版第二弾「HEROES:RISING」が思い浮かびます。原作の堀越耕平先生「最終回で考えていたアイデアのひとつ」と言及していた作品。

オール・フォー・ワンを死柄木に譲渡する実験の過程で誕生した、複数個性持ちの被検体・ナインをラスボスに、緑谷がワン・フォー・オールを爆豪に譲り、ふたつのワン・フォー・オールで立ち向かうという結末が描かれます。
仮に、爆豪が個性を奪われた場合、満身創痍で戦う身体でなくなった緑谷がワン・フォー・オールを継承するという展開が予想されましたが、映画で使われたストーリーのため、原作で使われることはないでしょう。そうすると、爆豪の戦死や戦線離脱が眉唾ではないようにも感じてしまいます。

秘密が明らかになる日は近い?

14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません