舞台『弱虫ペダル』初日会見レポート公開! 糠信泰州、猪野広樹、百瀬朔ら7名集合♪

掲載/更新 0
舞台『弱虫ペダル』初日会見レポート公開! 糠信泰州、猪野広樹、百瀬朔ら7名集合♪
舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~が、5月9日より公演スタート! 小野田坂道役の糠信泰州さん、今泉俊輔役の猪野広樹さん、鳴子章吉役の百瀬朔さんら7名が意気込みを語った初日会見コメントをお届けします。
IMAGE
5月9日より公演がスタートした舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~
累計発行部数2,000万部突破の大人気自転車ロードレース漫画「弱虫ペダル」(渡辺航/秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)を原作とした演劇作品の最新シリーズです!

初日に行われた、小野田坂道役:糠信泰州さん、今泉俊輔役:猪野広樹さん、鳴子章吉役:百瀬朔さん、新開悠人役:飯山裕太さん、御堂筋翔役:林野健志さん、巻島裕介役:栁川瑠衣さん、東堂尽八役:秋葉友佑さんら、7名が登壇した舞台挨拶コメントをお届けします。

舞台『弱虫ペダル』初日会見レポート公開! 糠信泰州、猪野広樹、百瀬朔ら7名登壇  numan

左から、東堂尽八役:秋葉友佑、巻島裕介役:栁川瑠衣、鳴子章吉役:百瀬朔、小野田坂道役:糠信泰州、今泉俊輔役:猪野広樹、新開悠人役:飯山裕太、御堂筋翔役:林野健志の7名。

全力で走り続けるインターハイ2日目! 最後の山岳・榛名山へ突入

――ご自身の役の見どころをお願いします!

小野田坂道 役:糠信泰州さん
真波山岳君を置いてゴールを向かって行くシーンと、もうひとつあります。この2つのシーンが、インターハイ3日目に小野田が活躍するために成長するシーンで、小野田の気持ちの変化など見どころがたくさんあります。

今泉俊輔 役:猪野広樹さん
今回3校(※総北高校、箱根学園、京都伏見高校)のエース同士が戦うんですけれども、それぞれが勝たなければならない、走らなければならない理由が明確にわかれているので、それに注目していただければと思います。

鳴子章吉 役:百瀬朔さん
鳴子という役は、前作からチームをおいて、ひとりで先頭集団に追いすがっていくところで終わっているんですけれど、そこからの展開がすごく熱い展開で、鳴子自身も熱くなっているので、そこを観ていただければと思います。

新開悠人 役:飯山裕太さん
新開悠人として、兄・隼人へのコンプレックスをどう成長して乗り越えていくのか
それと、各キャラクターの役者たちが“モブキャラ”としてたくさん出ているのもペダステの魅力のひとつなので、いろいろなところに注目して観ていただきたいと思います。
御堂筋翔 役:林野健志さん
御堂筋としてずっと身を削って進化を求めるその先に、2年目のゴールがどういう結果を迎えるか、楽しんでもらえたらと思います。
舞台『弱虫ペダル』として、この公演だけではなく前回・前々回と続いているこのレース、ずっとタスキをみんなで渡してきたので、そのいろいろな想いが詰まったゴールを目の当たりにして、何かを感じていただけたらと思います。

巻島裕介 役:栁川瑠衣さん
”卒業生”が久しぶりに帰ってきた作品です。熱いシーンをぜひ観ていただけたらと思います。

東堂尽八 役:秋葉友佑さん
レースも見どころですが、僕たちが演じる女子ギャラリーたちとの絡みも、“らしさ”がでているので、楽しんでいただけたらと思います。

自分自身がリミットブレイクする時は……?

――公演名が、舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~ですが、ご自身のリミットを解除するタイミングは、どんな時ですか? また、お客様へのメッセージもお願いします。

秋葉友佑:初めて参加させていただきますが、走る体力や足の疲労がすでに稽古場でリミットブレイクできたかなと思います! 
久々の先輩方の登場となり、僕たち自身もこの作品を盛り上げるため、全力で走っていきたいと思います。

栁川瑠衣:焼き肉が大好きなんですけど(笑)、ここぞという時に、焼き肉を食べてリミッターを外します!
1秒1秒、毎シーンが全部熱くなるので、どのシーンも見逃さずに楽しんで観てください。

林野健志:リミッターを外すといえば、この舞台で御堂筋を演じている時が、一番非日常的な自分を内側からみているのでその時になると思います。
あとは関西弁ですね。鳴子役の百瀬君や演出の(西田)シャトナーさんとか、本場の関西人の前で、稽古場では恥ずかしげもなく、イントネーションが間違っていても、台本読まないといけないので、その時からリミットが外れています(笑)。

舞台『弱虫ペダル』の熱さは、さらにパワーアップしていると思いますので、劇場に来て楽しんでいただけたらと思います。
飯山裕太:僕は普段は人見知りで緊張しがちなんですけど、みなさんから拍手を頂いたりすると、人見知りな自分から素直に役に向き合えるので、舞台上に立っている時がリミットブレイクする瞬間かなと思います。

約1年ぶりのペダステで、本当に楽しみにしてくださるお客様がたくさんいらっしゃると思いますので、これがペダステだ! と満足していただけるように精一杯頑張って、そしてみなさんの5月病を吹っ飛ばす勢いで僕らも一生懸命走っていきたいと思いますので、劇場でお待ちしています!


百瀬朔:僕が一番苦手な食べ物が納豆で、それを克服したいというか、リミットブレイクしたいと思っているんですけど……。
前回の公演の時に、横に座った猪野君がコンビニで5パックくらい買ってきていて、それを止めさせたい!!(会場笑) それか、僕が克服するかという、どちらかをリミットブレイクしたいです(笑)。

舞台はインターハイ2日目で、ここにおふたり(※巻島裕介役:栁川瑠衣、東堂尽八役:秋葉友佑の両名)がいるということは、原作のあのシーンじゃないかな、と思うところもあると思うので、そこも楽しんでいただければと思います。


猪野広樹: 僕はゲームが好きで、サッカーゲームをよく遊んでいるんですけれど、世界ランクに入る腕前を持っていまして……(周囲からスゴイ! の声)。
ただ、負ける時もあって、心の底から悔しくて、そういう時にお財布の紐をちょっとリミットブレイク(笑)して、選手を獲得します。

初めてレースに参加させていただき、きちんと洗礼を受けて死にものぐるいで走っています。カンパニーのみなさんとたくさんの見せ場がありますので、楽しんでいただけたらと思います。


糠信泰州:僕がリミットブレイクしているのは、まさにこの瞬間もそうです。初座長としてこの舞台に立たせていただいて、自分の経験したことのない未知の世界を歩いています。さらにリミットブレイクしていって、『弱虫ペダル』をいい方向に持っていけるように頑張っていきたいと思います。

第13作品目でいままでたくさんの偉大な先輩方が築き上げてきたものがあって、それを僕も次に繋いでいかなくてはならないので、小野田坂道として全力で千秋楽まで走りきりたいと思います。ぜひ劇場までお願いします。

まとめ

14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません