舞台『おそ松さん』第2弾ゲネプロレポート――ノンストップで笑い続けた松野家のハチャメチャな日常

舞台『おそ松さん』第2弾ゲネプロレポート――ノンストップで笑い続けた松野家のハチャメチャな日常
赤塚不二夫原作の『おそ松くん』が大人になった姿を描いたテレビアニメ『おそ松さん』。2018年現在放送中のテレビアニメ第二期が絶好調のなか、舞台公演が開催中です。大阪公演を終えて3月1日から東京公演が始まりました。今回は公演に先駆けて行われたゲネプロの様子をレポートします。

最初からとにかく自由なオープニングパフォーマンス!

2018年2月23日から大阪で幕開けした『おそ松さん on STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME 2~』。
昨年大盛況だった舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~』の続編です。高崎翔太さん、植田圭輔さん、小澤廉さんらが演じるおかっぱ頭がトレードマークのキュートな6つ子たちをはじめ、井澤勇貴さん、和田雅成さん、小野健斗さんらが演じる6つ子のイケメンver.である”F6”のメンバーや、強烈な個性を放つサブキャラクターであるイヤミやチビ太、トト子、ハタ坊も全員アニメから飛び出してきたようなビジュアルで舞台の上を大暴れ。

会場の大きさは前回の2倍以上。広くなった舞台でどのようなおそ松ワールドが繰り広げられるのでしょうか。プロローグのような短いお話が終わると、オープニングテーマとともにキャストたちが現れてパフォーマンス! 舞台は前回と同様、松野家をイメージしたセットが建てられています。アニメ調のタッチとカラーで描かれた背景や小物など細部にわたってアニメの松野家が再現されています。このセットは360度回転するのですが、裏面は真っ白になっていてプロジェクションマッピングによって様々な背景を映し出すことができるのです。
オープニングはポップでカラフルな絵が次々と切り替わって映し出されて、F6のメンバーが次々にステージに登場します。今回の舞台のために作られた衣装はまるで王子様のようにゴージャスです。一人一人デザインが異なり、見比べて楽しめます。F6も6つ子たちも客席に降りてきて、かなりの至近距離でお客さんを楽しませてくれました。6つ子たちはここでも自由に動き回り、十四松はジャンプして二階までの壁を登ろうとしていました(笑)。お客さんもペンライトやうちわを振って最初から大盛り上がり。楽しいおそ松ワールドの始まりです!

高崎翔太さんがやりたいと言っていた"あのネタ"が実写化に!

18 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは