高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』第1弾ゲネプロレポート!

掲載/更新 0
高野洸、阿部顕嵐ら出演! 舞台『ヒプノシスマイク』第1弾ゲネプロレポート!
音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプマイ)の舞台化第1弾が2019年11月15日より上演。高野洸さん、阿部顕嵐さんらが出演した本作のゲネプロレポートをお届けします。

これぞ2.5次元!? ヒプマイの世界が現実に

ヒプマイの舞台化第1弾となる、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-
本作は、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”とヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”を中心に描かれ、さらに舞台オリジナルとなる「アカバネ・ディビジョン“North Bastard”」も登場すると予告されていました。

幕開け後、まず目を引くのは「ディビジョン・ダンス・バトル“D.D.B”」の圧巻のダンスパフォーマンス。
さらに“Buster Bros!!!”、“MAD TRIGGER CREW”、“North Bastard”の3ディビジョンが登場し、ヒプステのメインテーマ「Gimmie The Mic」が披露されます。
「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」のリリックも取り入れられたメインテーマに、会場は一気にヒプマイの世界へ塗り替えられていきます。
ストーリーは、ラップバトルの予選ブロック2回戦、“Buster Bros!!!”が勝利するところから始まります。
一郎が大好き過ぎていつも張り合う山田二郎(松田昇大さん)・三郎(秋嶋隆斗さん)とそれを一喝する一郎(高野洸さん)の三兄弟の姿は、まさに“Buster Bros!!!”おなじみのやり取り。

負けた腹いせに勝負を仕掛けてきたチームを、兄弟一丸となって蹴散らします。
一方、ヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”も別の予選ブロックに出場していました。決勝進出をかけた3回戦でステージ中の彼らを音が止まってしまうというハプニングが襲います。
しかしそんなハプニングなどものともしないのがヨコハマの強さ、圧倒的な勝利を収めます。

気だるげに煙草を吹かす碧棺左馬刻(阿部顕嵐さん)、キレる左馬刻をたしなめる入間銃兎(水江建太さん)に、採れたてのコウモリとネズミを振る舞おうとする毒島メイソン理鶯(バーンズ勇気さん)のやりとりも、“MAD TRIGGER CREW”ならでは。
順調に勝ち上がる2ディビジョンですが、イケブクロの次戦の相手、アカバネ・ディビジョン“North Bastard”には何やら不穏な噂があるようで……?

オープニングではディビジョンカラーを取り入れた“D.D.B”によるダンス、またヒプマイの荒廃した世界を映像で表現するなど、舞台ならではの多彩な演出方法に驚かされます。
ヒプノシスマイクやスピーカーの表現にも映像が使われており、各キャラクターごとに違っているのも見どころの一つ。目でも耳でも楽しめる舞台となっています。

舞台オリジナル「アカバネ・ディビジョン“North Bastard”」の暗躍

30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません