『仮面ライダーオーズ』待望の続編はどう描かれた?映司とアンク、ふたりの終着点は…

掲載/更新 0
『仮面ライダーオーズ』待望の続編はどう描かれた?映司とアンク、ふたりの終着点は…
『仮面ライダーオーズ』の完結から10年、続編となる『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』が劇場公開されています。ファンが待ち望んだ“いつかの明日”その終着点はどう描かれた?古参ファンが感じたものとは。
IMAGE
2022年3月12日、奇しくも東日本大震災が発生してから11年が経過したその翌日に劇場公開されたVシネクスト『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』。
2011年の完結から約10年の間、ファンは劇中で語られた“いつかの明日”が実現するその日を待ち続けてきました。

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』でついに実現した“いつかの明日”、それはいったいどんな“明日”を見せてくれたのでしょうか?
古参ファンである筆者が鑑賞したところ、その予想だにしていなかった展開に驚きを隠せませんでした……。

『仮面ライダーオーズ』はファン待望の続編だった。

仮面ライダーオーズ』は、2010年から2011年まで放映された平成仮面ライダーシリーズ第12作。

少しのお金と明日のパンツさえあれば十分に生きていけると考える火野映司(渡部秀)を主人公に、彼がひょんなことから、人の欲望によって生まれた怪人・グリードと相対することになり、同じくグリードでありながら腕のみしか復活できなかったアンク(三浦涼介)の導きにより、仮面ライダーオーズへと変身し、熾烈な戦いに身を投じていく姿が描かれました。

テレビシリーズ最終回ではそれまで共に戦ってきたアンクが消滅してしまい、真っ二つに割れたタカコアメダルを手にした映司が、いつかアンクと再会できる‘‘明日’’を目指して再び旅に出る​姿が映し出され、仮面ライダー史上に残る傑作エピソードとして歴史にその名を刻むことになりました。
この時からファンたちは映司とアンクが再び巡り合う“いつかの明日”を夢見てきたのです。

DVD『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』画像

DVD『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』より

その後、『仮面ライダーオーズ』は『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』(2011)や『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』(2017)などで“続編”が描かれ、その都度ファンは熱狂したものの、どこかアンクの復活が懐疑的なもので、しっかりとした“続編”と呼ぶには難しいところがありました。

そして2021年に製作が発表された『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』です。
『仮面ライダーオーズ』10周年を記念して製作される同作で、ついに“いつかの明日”が実現することになりファンは歓喜。待望の続編はどう描かれるのか、ファンの期待は大きなものでした。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません