菅田将暉『ミステリと言う勿れ』が生み出す2つの感情。整の言葉に救われるわけ

掲載/更新 0
菅田将暉『ミステリと言う勿れ』が生み出す2つの感情。整の言葉に救われるわけ
菅田将暉さん主演で話題のドラマ『ミステリと言う勿れ』。田村由美さんの原作マンガへの期待を裏切らない大ヒットとなった本作が、視聴者の心を揺さぶった理由とは?
菅田将暉さんが天然パーマの大学生・久能整(くのう・ととのう)を演じるドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)。
民放公式テレビポータルサイト「TVer」の見逃し配信再生数の民放歴代最高記録を更新するなど、「第67回小学館漫画賞(一般向け部門)」に選ばれ、累計発行部数1400万部を突破した田村由美の原作漫画と引けを取らないほど注目を集めています。

コミックスと同様に、なぜドラマ『ミステリと言う勿れ』が歴史を塗り替えるほどの支持を得た理由。それは本作が視聴者の心に2つの感情を生み出したからではないでしょうか。

現代人の悩みを映し出す登場人物への共感

一つは登場人物たちの抱える悩みに対する共感。

本作のPVに登場する“事件の謎も人の心も解きほぐす”というキャッチコピー。その言葉のとおり、作中では悩みを抱える、様々な境遇の人物が整の周りに集まります。
第1話(episode. 1)に登場した、妊娠した妻と喧嘩をした池本優人(尾上松也)、男性の多い職場になじめず辞表を出すか迷う風呂光聖子(伊藤沙莉)、さらに事件の犯人も、整の前では心の奥底に抱いていた心情を明かします。
仕事で多忙な日々のなかで家族との付き合いに悩む池本や、女性であるが故に男性からなめられているのだと感じる風呂光など、『ミステリと言う勿れ』には、まるで現代を生きる視聴者の姿を映したような登場人物たちが数多く存在します。

仕事と家庭の折り合わせや女性の社会進出など、2022年を迎えたわたしたちにとって身近な悩みを抱える登場人物から、多くの視聴者は自身と似た境遇の存在がいることを知り、共感を覚えたはず。
様々な悩みを登場人物に覚える共感は、多くの視聴者から支持を得た要素なのでしょう。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません