渡邊圭祐ドラマ『推しの王子様』第1話感想 名言だらけでオタク共感!「推しは生きる力をくれる」

渡邊圭祐ドラマ『推しの王子様』第1話感想 名言だらけでオタク共感!「推しは生きる力をくれる」
フジテレビ系にて放送がスタートしたドラマ『推しの王子様』。第1話が放送されると、主人公から次々飛び出す名言やその清々しいオタクっぷりに視聴者からは共感の声が続々! あらすじを踏まえ、みんなが特に心を打たれたポイントをご紹介します。
IMAGE
フジテレビ系にて放送がスタートした新ドラマ『推しの王子様』、通称『推しプリ。7月15日(木)に放送された第1話はさっそく大反響を呼び、Twitterではトレンド1位を獲得するほど話題となりました。

中でも乙女ゲーム制作会社の社長でありながら、自らもオタクである主人公・日高泉美に視聴者からは共感の声が続々集まり「神ドラマ」との声も挙がっています。視聴者の心に響いたシーンや名言とは?

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

『推しの王子様』フジテレビ公式サイトより

主人公のオタクっぷりに共感の嵐

比嘉愛美さん演じる主人公の泉美は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業ペガサス・インクの社長にして、乙女ゲームの大ファン。泉美が制作したゲーム『ラブ・マイ・ペガサス』のケント様は彼女の理想のキャラであり、最大の推しなのです。

オフの時間も『ラブ・マイ・ペガサス』のプレイにどっぷり熱中したり、「尊い……!」とケント様のことを考えたり。
そして自室にはフィギュア、クッション、等身大パネル、アクスタ、Tシャツ……数え切れないほどのケント様のグッズが! そんな徹底したオタクっぷりと、滲み出る推しへの愛情に視聴者は共感しまくり。

さらに、泉美の予想以上のオタクっぷりに視聴者もびっくり。
SNSでは「部屋のなか、グッズだらけですごいなw」「誰もいないのにヘッドホンしてゲームしてるのすごいわかる、好き」「オタク特有の早口語り、わかりみが深い」「作り手でもあってオタクでもあるとか信頼感しかないな」といった声が挙がりました。
20 件

この記事のタグ

Comment

2021-07-30冨澤洸

冨澤洸王子さま呼んて下さい。あれはこれぐらいやりましょう
これから受けとてくださいよろしくお願いします

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは